人間関係トラブルの9割を解決!たった1つのシンプルな方法って

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/222673/ )

仕事やプライベートの人間関係が変わるシーズン。この時期ならではの「悩み」や「迷い」も膨らみがちです。心理カウンセラー・岡部愛さんの「オトナ女性のメンタルケア」をリバイバル配信中。

 

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。

 

この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養うことによって、できるだけ不要なトラブルを回避していく方法をお教えします。

 

わかってほしい!なのに…

人間関係トラブルのほとんどの問題は、「理解してほしい」というシンプルな気持ちに集約されると言っても過言ではありません。

 

「私はあなたの事をこんなに思いやっているのにわかってくれない」

「自分はこんなに一生懸命仕事をしているのに認めてもらえない」

「私は頑張ってここまでやってきたのに評価されない」

「僕はこんなに我慢しているのにみんなわかってくれない」

 

などなど、「〜なのに、理解してほしいのに、全然わかってくれない!」の連呼は、つまり裏を返せば、「私を理解してほしい」という単純な「承認欲求」のマシンガンなのです。

 

この、「私を理解してほしい、認めてほしい」という切実な気持ちを、素直に相手に伝えられないからトラブルになり、人間関係が複雑にこじれてしまい、気がつくと手のつけられない事態になってしまうのです。

 

承認欲求のかたちは人それぞれ

 

人間関係のトラブルの根っこには、この「理解してほしい気持ち」という単純でピュアな欲求が隠れているといえます。

 

あの人が何かをひどく怒っているのも、すねて黙っているのも、いじわるをしてくるのも、寝転がったまま起きないでいるのも、八つ当たりをしてくるのも、反抗してくるのも、ただただそこに「理解してほしい何か」があるからなのです。

 

これは自分に置き換えて想像してみると分かりやすいと思います。自分にも思い当たるところがいくつかありますよね?

 

この「理解してほしい」という単純な承認欲求は、人それぞれのかたちで、様々な場面に、複雑なかたちで現れてきます。それをどう理解していくか、が人間関係トラブルを回避するカギになると言えます。

 

複雑に見えていた人間関係が、案外すんなり理解できるようになるかもしれません。

 

関連リンク

  • 5/6 12:00
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます