「アイデアのない天才」フランス全土からネイマールに批判の嵐

拡大画像を見る

パリ・サンジェルマン(PSG)がマンチェスター・シティに敗れたことで、フランスの首都では、チームや何人かの選手に対する批判が飛び交った。

ネイマールは、ペップ・グアルディオラのチームとの対戦では最高のバージョンを見せることができなかったため、最も批判を受けている選手の一人である。フランスでは、このブラジル人に辛辣な言葉が浴びせられた。

『Le Paris』紙はネイマールを「エティハド・スタジアムではアイデアのない天才だった」とし、「ブラジル人は準決勝で消えていた。インスピレーションのない彼は、バイエルン(・ミュンヘン)戦のようにチームの重責を担うことができなかった。ガッカリだ」とこき下ろした。

同ストライカーのパフォーマンスを10点満点中3点と評価した『L'Equipe』もまた、ネイマールのパフォーマンスを不発とした。
「彼はピッチで死ぬことを約束していたが、残念ながら昨日は不十分だった。彼のストロングポイントを活かせず、自身のパフォーマンスを失った。度重なるボールロスト、酷いパス、リスクのある選択...。特に(カイル・)ウォーカーに対しては、ドリブルで全く違いを作ることができなかった。失望した」

『France Football』誌は、このストライカーのスタイルを「自己中心的」「取るに足らない」と表現した。
「彼がボールを持つたびに6回もタッチする必要は本当にあったのか?ネイマールは、マンチェスター・シティ戦で自分のダークな側面を明らかにした。彼はすべてを自分一人でやりたかった。この自己中心性に加えて、シティの選手を身体的に傷付けようとした最後のひどい場面があった」と嘆いており、最後に「再び感情に突き動かされたネイマールは破滅的だった 」と批判を残している。

最後に、ラジオ局『RMC』は、元ASモナコの選手であるジェローム・ローテンも彼に対して批判を残した。
「皆はネイマールにもっと期待していたし、私もその一人だ。ネイマールが集中して、彼の前に動き出す選手がいる時は信じられない選手だ。私は色々なことを彼の責任にしてしまうが、同じく考え直さなければならない。彼が今日のようにそこまで良くないときは、彼にそのことを伝えなければならない。レオナルドが彼に時間を与えたのは、彼と契約更新をしなければならないからだ。彼らがネイマールと共にシーズンを戦いたいなら、彼の態度を見直さなければならない」

関連リンク

  • 5/6 21:00
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます