小栗旬が『鬼滅の刃』全米1位の快挙に真っ青?“凱旋消滅・完敗”の誤算!

拡大画像を見る

 4月23日に全米で封切られたアニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』が、4月30日から5月2日の興行収入で640万ドル(約7億円)を記録。前週の2位から1位にランクアップしたことがわかった。

 米国の映画興行情報サイトによれば、公開初週末の興収は1950万ドル(約21億円)でワーナー・ブラザースのアクション映画『モータルコンバット』に続く2位となったものの、2週目にしてトップを奪取。日本映画が全米1位となるのは、1999年のアニメ映画『ポケモン・ザ・ファースト・ムービー(劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲)』以来22年ぶりの快挙で、コロナ禍による上映館数の制限が続く中、まさに“キメツ旋風”ともいえる快進撃を続けている。

「日本では老若男女を巻き込んだ一大ブームを巻き起こし、間もなく“興収400億円”というとてつもない記録に迫ろうとしている同作ですが、一部では“アメリカではウケないのでは?”とささやかれていました。しかし、その心配は杞憂に終わりましたね。巨額の制作費をかけた同週公開の大作『モータルコンバット』や、3月31日に公開され、コロナ禍で最大のヒットとなっている『ゴジラVSコング』を追いやっての1位ですから、まさに歴史的快挙といえます。わずか公開2週で全米公開の日本アニメとして歴代3位の興収を叩き出していることから、さらなる伸びが期待できますね」(映画ライター)

■『鬼滅の刃』米国でも高評価!!小栗旬、煉獄さんに完敗!?

 日本のみならず、アメリカでも“ウケる”ことを見事に証明した『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』。それを裏付けるように、辛口レビューで有名な米批評サイト『ロッテントマト』でも、驚きの数値を叩き出している。

「5月6日現在、“トマトメーター”と呼ばれる目利きの批評家による評価で96%、1万件を超えるオーディエンススコア(観客評価)で99%という驚異的な数字をキープしています。レビューを見ても“This movie a Masterpiece(この映画は傑作だ)”“Amazing‼We love Demon Slayer!(すごすぎる!鬼滅サイコ―!)”“Can’t wait for season2!(シーズン2が待てない!)”と熱量の高い内容がほとんどで、アニメーションの美しさやド派手な刀アクション、緩急のあるストーリーに心躍らせた観客たちが多いようですね。崇高な武士道精神で日本人の心を鷲づかみにした煉獄さんですが、海を越えてまさに世界の≪RENGOKU≫になりつつあります」(前出の映画ライター)

 一方で、「思わぬ余波もあるのではないか」と話すのは、ある芸能記者だ。

「実は、俳優の小栗旬(38)が前述の『ゴジラ~』でハリウッド進出を果たしています。本来ならば、日本でももう少し話題になってもよいと思うのですが……コロナの影響で公開が遅れ、鬼滅の公開と被ってしまったことで、どうしてもニュースバリューが薄れてしまうのがもったいないですね。

 また、実写とアニメという違いはありますが、『ゴジラ~』の『ロッテントマト』におけるトマトメーター&オーディエンススコアはそれぞれ75%、91%と、こちらも鬼滅に完敗しています。ハリウッドデビューでハクをつけ、来年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の主演として華々しく“凱旋”したかったであろう小栗サイドにとっては、思わぬ誤算かもしれません」(芸能記者)

 とはいえ、『ゴジラ~』自体は間もなく全米通算興収で9,000万ドル(約98億円)に迫る大ヒット。日本人俳優の国境を越えたチャレンジに敬意を表するとともに、世界に誇るニッポン・アニメーションがさらなる旋風を巻き起こすことに期待したい!

関連リンク

  • 5/6 19:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます