無症状者から新型コロナウイルス多量、感染拡大させる恐れ 世田谷区の調査

拡大画像を見る

新型コロナウイルスの新規感染者が、東京都で2021年4月29日、ついに1000人を超えた。多くは感染経路が不明だという。いったいどこで誰から感染したのか――そのヒントとなるような調査結果を、朝日新聞が4月28日に報じている。

感染による症状がないにもかかわらず、ウイルスを多量に持つ人がかなりの確率で見つかったというのだ。「無症状」の人が感染広げる可能性があるということで、改めて注目されている。

無症状でも3割に強い感染性

この調査は、世田谷区が昨年10月から、区内の「無症状」の人を対象に続けているもの。すでにのべ2万人以上を調べている。調査の結果、「無症状」だが、「陽性」とわかるケースもある。

朝日新聞によると、ウイルスの検査は、微量の遺伝子を検出するため増幅させて見つける。少ない増幅回数で検出される場合、ウイルスが大量にあることになり、感染性も強くなるという。

区の委託で分析した慶応大学医学部臨床研究推進センターの西原広史教授は、増幅をどれくらい繰り返したかを示す「Ct値」に注目した。数値が小さいほどウイルス量は多くなる。陽性78件を分析したところ、3割の27件はCt値が小さく、感染性が高いことがわかったというのだ。

西原教授は「感染を広める人を確実に見つけることが急務」と語り、保坂展人区長も、「陽性、陰性だけでなく、感染の強さを知ることが重要。Ct値に注目して効果的な対策を考える時に来ている」と、この調査結果の重要性を強調している。

これまでも「無症状」の人が感染を広げている可能性は指摘されていたが、世田谷区の調査はそれをデータで裏付ける結果となった。

「チフスのメアリー」を連想

インターネットでこのニュースが報じられると、さっそく「チフスのメアリー」を連想する指摘があった。「メアリー」は感染症の世界では有名人。いわゆる「サイレント」の「スーパー・スプレッダー」だ。

科学史研究者の金森修さんの著書『病魔という悪の物語――チフスのメアリー』(ちくまプリマー新書)によると、1906年、ある銀行家の一家から6人の腸チフス患者が出た。衛生工学の専門家が調査を依頼され、出入りしていた業者らも調べる。

事件後にやめた賄い婦が浮上した。それがメアリーだ。ニューヨーク周辺で賄い婦として働いていたメアリーは、10年ほどの間に8つの家に雇われていた。調査の結果、そのうち7家族からチフス患者が発生、感染者数は合計22人、うち1人が死亡していたことがわかった。

メアリーの便を検査したところ、彼女が保菌者で、感染を広げていた可能性が高いことが突き止められた。本人は全くの無症状。しかし、その後の人生の大半を隔離施設で過ごすことを強いられた。

21世紀の知見にもとづく対策を

感染症では、「スプレッダー」が存在することが少なくない。岡田晴恵さんの『知っておきたい感染症―― 21世紀型パンデミックに備える』 (ちくま新書)によると、2003年ごろのSARSでは、発生地の中国広東省に隣接する香港でも被害が広がった。感染者の共通項をたぐると、いずれも同時期に香港の同じホテルの9階の部屋に滞在していた。

その後の調べで、当時この9階には、中国で「謎の肺炎」の治療にあたっていた医師が宿泊していたことが判明する。激しくせき込み、高熱を出していた。この肺炎がSARSだった。医師はその後SARSと診断され死亡している。

類似の感染症にMERSがある。2012年にサウジアラビアで第一例が見つかり、遠く離れた韓国で感染者186人、死者38人の被害が出た。韓国の最初の患者には、サウジアラビア滞在歴があった。

新型コロナウイルスでは、SARSやMERSよりも拡散の経路が見えにくい。それだけに、「サイレント感染者」に注目した世田谷区の調査は貴重だ。政府や自治体には、単に「ステイホーム」や「リモートワーク」を呼び掛けるだけではなく、21世紀の最新科学の知見に基づいた対策が求められる。世田谷区はコロナ禍の早い段階から、そうした取り組みを心掛けていることでも知られている。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 5/6 12:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • トリトン

    5/8 23:33

    昔藤子不二雄の吸血鬼だったか人間が生きていくために夜しか生きられない吸血鬼に名っていく最後は皆が吸血鬼になってハッピーエンドでしたが、コロナはバカな奴らが全国民をコロナに感染させようとしてるのではないのかな?政府は国民の貧困層増やそうとコロナはほかっておいて いかに国民から金をむしりとることに、必死だな。

  • いち(

    5/8 23:04

    で、後の7割は?3割の人が感染を拡げ、また次に感染した人の7割と3割と別れて・・ それのループで集団免疫の獲得を目指していたんじゃないの?それとともにワクチンや治療法が確立できるまでの時間稼ぎの為に医療崩壊を起こさない為に皆さん自粛しましょう。じゃなかったの?いつの間にか、感染者の増だけが大問題となってませんかね?

記事の無断転載を禁じます