松本人志もドン引き!紗栄子「じゃあ、何?」男が怯えて離れる理由

拡大画像を見る

 4月30日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)で、紗栄子(34)がパートナーとの過ごし方について明かした。今回、紗栄子以外に山崎まさよし(49)、ウエンツ瑛士(35)、パンサーの尾形貴弘(44)がゲストとして登場、ダウンタウン松本人志(57)、さまぁ~ずとともにトークで盛り上がった。

 この日、紗栄子は背中がパックリと開いたセクシーなドレスを着ていたが、さまぁ~ずの三村マサカズ(53)は「背中見てビックリしたんですけど。穴開いてる」と指摘、松本も「楽屋あいさつ来られて、わりと背中長めに見せて帰っていったよね」とイジっていた。

 そんな紗栄子が「皆さんご結婚されて、奥様いらっしゃったりとか」「パートナーがいるじゃないですか。そのときに一人の時間って皆さん、ほしかったりします? 必要って思ったりします?」と質問。紗栄子は「仕事以外の時間は四六時中ずっと一緒にいたい」といい、プライベートではトイレ以外は常にパートナーと一緒にいたいと続けた。松本ら男性陣は、「えー」と驚いていたが、紗栄子は「なんで一緒にいるのに、1人の時間って何? って思うんです」「何が必要?」と主張した。

 これにさまぁ~ずの大竹一樹(53)は「怖いわ……」と漏らし、松本も「怖い話」とうなった。すると紗栄子は「何するんですか? 1人のとき、じゃあ。何?」と追及。大竹は何するわけでもなくボーッとすると答え、松本も「結構何もしてない、ホントに」「岩場の人魚みたいなもん」と説明した。三村が「同じ空間にいて、本を読むでもダメなの?」と紗栄子に聞くと、紗栄子は「それは良いんですよ。ただ、なんでそこに私がいちゃいけないの? って。人魚はいいんですよ、全然!」と、1人きりになりたい理由に納得がいかない様子だった。

■「これで男はみんな困る」

 松本が、結婚してからも部屋に閉じこもって1人の時間を過ごしていると語ると、紗栄子は「私だったら、松本さん1人で部屋こもってますってなったら、コーヒー入れてトントンって」「“人志~”みたいな。“どうぞ~”みたいな。やっちゃうんですけど」とニコニコ。松本は「いや、まあ紗栄子さんみたいな女の人多いんです」「これで男はみんな困るんです」と苦笑い。

 山崎も自宅に作ったスタジオによくこもっているとうなずき、仕事じゃなくてもそこに閉じこもることがあると言うと、紗栄子は「え~、いやだぁ。そんなのめっちゃショックなんだけど」と不満げ。山崎は「僕らの仕事ってなんでも仕事じゃないですか。ネタ考えるのも曲考えるのも、言うてみたら1人になって考える時間ていうか」「そういう時間って絶対必要」と説得したが、紗栄子は「それは一緒にいちゃダメ?」と食い下がり、山崎を困らせていた。

 紗栄子は温かい食事やお風呂など、タイミングよく用意しようと「よかれと思ってやる」と明かしたが、「要所要所でやりすぎちゃって、いつも怯えられて離れていっちゃう」と過去の恋愛を振り返っていた。そんな紗栄子に、視聴者からは「1人の時間は絶対ほしいなあ」「ボーッとするのでも1人なのか誰かいるのかで全然違う」「紗栄子さんの方に100%賛成」「私は完全依存体質だから昔は紗栄子ちゃんと同じ感じだった」「邪魔しないから一緒にいるだけはダメなのかなあ」など、さまざまなコメントが上がっていた。

 今では実業家、シングルマザーとして2人の息子を育てている紗栄子。2007年に野球選手のダルビッシュ有(34)と結婚したが、2012年に離婚。その後、音楽家の大沢伸一(54)、実業家の前澤友作氏(45)と交際。それぞれ結婚間近ともいわれていたが、破局してしまった。今後、いつでも一緒にいてくれるパートナーは現れるのだろうか。

関連リンク

  • 5/6 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • ケンジ

    5/6 13:37

    たぶん男女問わず例え数分でも1人で集中したりだらけるのは必要だろうね~

  • 男女を問わず、一人の時間は、必要だと思いますよ。ぼーっと、しているだけに見えるけど、気持ちの整理をしたり、考えをまとめたりする、人間が、人間らしくある為に大切な時間だと、考えます (^^)d

記事の無断転載を禁じます