初めて見たダース・ベイダーに怯える犬 ルーク役マーク・ハミル「僕も同じことをすればよかったかな?」

拡大画像を見る

TikTokユーザー「rustymetalcreation」さんはゴールデン・レトリバーの愛犬“エリー(Ellie)”の可愛い姿を動画で捉えた。

動画には、1997年公開の映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』をソファーの上で食い入るように見るエリーの姿が映っている。そしてダース・ベイダーの登場シーンになると、エリーの様子は一変した。

白い煙幕の中から現れた真っ黒なダース・ベイダーの姿を見たエリーは、画面を見つめながら立ち上がってソファーから飛び降りると後ろに隠れてしまったのだ。その間、エリーの尻尾は脚の間に挟まるように下がり、怯えの感情を表している。

カメラがソファーの後ろを映すと、エリーは画面を凝視しながらその場に立ち尽くしていた。言葉にせずともエリーの恐怖はひしひしと伝わってくる。

この動画は今月6日の時点で87万件以上の「いいね」が寄せられており、ユーザーからは「可愛すぎる。守りたくなっちゃうね」「私自身が幼い時に同じ反応をしたよ」「この犬の気持ちは理解できる」「犬も悪いキャラクターというのを感じているんだね」など1万2千件以上のコメントが殺到した。

さらにこの動画は、同映画シリーズの主人公ルーク・スカイウォーカーを演じた俳優マーク・ハミルの元まで届き、本人のTwitterアカウントでも引用ツイートされた。

「賢い犬だね。僕も最初にダース・ベイダーに会った時にソファーの後ろに隠れればよかったかな。」

このツイートには「もしそうなっていたら『スター・ウォーズ』は全く違う映画になっていただろうね」「そんなことしたらつまらない映画になっちゃうよ!」と、大御所のツイートも盛り上がりを見せた。

その後、飼い主の「rustymetalcreation」さんは、馬が映っているテレビを見るエリーの様子を撮影した動画を投稿した。そこでは画面が切り替わって馬が走るシーンになった時に、ビックリして飛び退くエリーの姿があった。エリーは元々怖がりな性格なのかもしれないが、思わず笑ってしまう可愛い一面に「エリーの反応大好き」「テレビから馬が出てくると思ったのかな?」フォロワーらはエリーの虜になったようだ。

画像は『rustymetalcreation 2021年4月6日付TikTok「#Star Wars, #GoldenRetriever , #DarthVader #Jedi #theforcebewithyou #doggy」』『Mark Hamill 2021年4月9日付Twitter「Smart dog.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 5/6 6:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます