スタバのバリスタ、カスタマイズドリンクで13の追加注文に「仕事を辞めたくなるよ」

拡大画像を見る

スターバックスで働くジョシーさん(Josie)が今月2日、Twitterに投稿したフラペチーノの写真がSNSで注目を浴びている。

お馴染みのプラスチックのカップには白い注文票が貼られており、エドワードさん(Edward)という客の名前と「ベンティ(590ml)・カラメル・リボン・クランチ・フラペチーノ(Venti Caramel Ribbon Crunch Frappuccino)」というドリンクの名前が印字されている。

注文票の一番下には5月1日午後6時45分…、モバイルと記載されており、客がオンラインで注文したことが分かる。

驚くのはフラペチーノをカスタマイズした客の注文で、

・バナナ(スライス)5枚(5 Banana)
・濃い目のキャラメルソースを多めに(Ex Caramel Drizzle)
・ホイップクリームを多めに(Extra Whip)
・氷を多めに(Extra Ice)
・シナモン・ドルチェシロップを多めに(Ex Cinn Dol Top)
・ダーク・キャラメルソースを7杯加えて(7 pumps Add Dk Crml Sauce)
・キャラメル・クランチを多めに(Ex Caramel Crunch)
・ブレンドしたはちみつを1杯加えて(1 pump Honey Blend)

と続き、このほかにもブレンドの仕方やチョコレートチップやヘビークリーム(脂肪分36%以上)の注文など追加アイテムは13にものぼった。

ジョシーさんはこの投稿に「こんなことがあると、仕事を辞めたくなる」と言葉を添えており、Twitterは大炎上。次のようなコメントがあがった。

「10年前にスタバで働いたことがあるけど、この注文の半分は意味が分からないよ。当時はこんなにオプションがなかったからね。」
「これはコーヒーの注文ではなくて、デザートのレシピよ!」
「こんな注文、カウンターではできないよね。だってバリスタと目を合わせるのは嫌だもの。迷惑な客だよね。」
「スタバにはたまにしか行かないけど、いつも同じものしか頼まないわ。新しいものに挑戦したい気持ちはあるけど、注文時にパニックになるのよ。」
「うちの店にも隔週でグリーンティー・クリーム・フラペチーノに29の追加注文をする客がいるんだ。」
「モバイルだけでなく、ドライブスルーでも迷惑な客がいるよ。」
「店で並んでいると、ある女性客が『37度の温度にして』って注文していたよ。『36度でも38度でもダメなの。私は温度の違いがわかるのよ』ってね。彼女こそ他人の迷惑を顧みず、自己中心的な『カレン』だね!」
「カスタマイズはいいけど、これって追加料金が発生するんでしょう? いったいいくらになるの!」
「こんなに追加して、全部カップに入るの?」
「あなたが辞めさせられないといいけど!」

ちなみにスターバックスでは過去に、バリスタが11歳の少女のカップに「デブ」と書いたり、イスラム教徒の女性のカップにイスラム過激派組織の「ISIS」と書いたりしてトラブルになっていた。コーヒーの知識・技術だけでなく、接客にも高いクオリティが求められるバリスタだが、ジョシーさんは今のところ仕事を続けているようだ。

画像は『LADbible 2021年5月3日付「​Man’s Starbucks Order Is So Ridiculous It Makes Worker Want To Quit」』『Josie 2021年5月2日付Twitter「On todays episode of why i wanna quit my job」』『Bianca 2021年5月3日付Twitter「this order comes in every other week」』『bucky barnes stan account 2021年5月3日付Twitter「i raise you this」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 5/5 21:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます