米山隆一元知事 隠蔽政治の下で日本の行政は危機に、赤木ファイルの存在

拡大画像を見る

 米山隆一元新潟県知事が5日、ツイッターに新規投稿。森友学園問題を巡る決裁文書を改ざんさせられ自殺した元財務省近畿財務局職員赤木俊夫さんが改ざんの過程を書き残したとされる文書「赤木ファイル」の存在を国側が認める方針を固めたことに言及した。

 米山氏は「遂に国が『赤木ファイル』の存在を認める方針との事です。それ自体は結構な事ですが、それなら本来真っ先に調査し、公表すべきものなのに、何故その存否を明らかしてこなかったのかという事になります」と問題提起。

 さらに米山氏は「安倍元総理・自民党の隠蔽政治の下、日本の行政は危機に瀕しています」と危ぶんだ。

関連リンク

  • 5/5 14:19
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます