風呂場の光景に親が言葉を失った理由 「子供たち、心から反省してください」

拡大画像を見る

『やきもんロワイヤル』などを描く、漫画家の竹谷州史(@takeya_syuji)さんが、Twitterに1枚の写真を投稿。

ある日、自宅の風呂の扉を開けたところ、広がっていた光景に心臓が止まるほど驚いてしまったといいます。

「子供たち、心から反省してください」

竹谷さんが我が子に対してそう思わずにはいられなかった、衝撃的な光景がこちらです。

冷静になってよく見ると、浮いているのはゴム手袋!竹谷さんの子供たちが風呂場で遊んだ際、片付けを忘れてしまったようです。

ゴム手袋の色が人間の肌に似ているため、きっと多くの人が、風呂の中から誰かが手を伸ばしているように見え、一瞬ゾッとしたことでしょう。

あまりにも心臓に悪すぎる忘れ物に動揺したものの、竹谷さんは強がりつつこのようにつづりました。

もし10本もゴム手袋が浮いていたら、誰もがあまりの怖さに腰を抜かしていたことでしょう…。

子供の忘れ物によるホラー体験は拡散され、多くの人から「投稿された写真だけでもビビる」「子持ちの親なら余計に怖いって!」といった声が寄せられました。

親の寿命を縮めないためにも、全国の子供たちにはゴム手袋の扱いに注意してほしいですね…!

[文・構成/grape編集部]

出典 @takeya_syuji

関連リンク

  • 5/5 13:25
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます