自己紹介において、後で女性から話しかけてもらえるキッカケを作る一言9パターン

新しいクラスや職場で、自己紹介は自分を知ってもらう絶好のチャンスです。うまくいけば、後で話しかけてもらえることも増えるはず。そこで今回は、自己紹介でどんな一言を言ったら後から女性が話しかけやすいか、オトメスゴレン読者の女性に聞いてみました。

【1】「◯◯って呼んでください」と、親しみが湧きやすいようにあだ名を公表する。
「『◯◯だったよね? 一番に名前覚えられたよ!』と話しかけにいける」(10代女性)と、まずはあだ名を公表すると一気に親しみが湧くようです。変わったあだ名がある場合、「由来は個人的に聞いてください」などと言ってみるのもいいかもしれません。

【2】「いろいろな人と仲良くなりたいです」と、オープンな性格を強調する。
「人を選ばない性格に好感が持てる」(20代女性)と、誰とでも分け隔てなく交流できそうな性格は、多くの女性が好印象を抱くようです。この一言をきっかけにして、自然と人が集まってくるようになるかもしれません。

【3】「◯◯のことなら僕に任せてください」と、得意分野についてアピールする。
「『◯◯に詳しいんだよね? ちょっと聞きたいんだけど…』と近づきやすい」(20代女性)と、得意分野が分かっていれば女性も質問がしやすくなるようです。聞かれたときに自信を持って答えられるように日ごろから勉強しておくと、なお良いでしょう。

【4】趣味などをアバウトに話した後、「興味があったら話しかけてください」と加える。
「喋り尽くされると飽きるので、もっと知りたいと思うくらいがベスト」(30代女性)と、あえて深い話はしないでおくのも効果的なようです。「さっきの話なんだけど…」と、興味をもって話しかけてくる女性がいるかもしれません。

【5】「おすすめのお店があったら教えてください」など、情報提供を呼びかける。
「『◯◯が好きです』で終わりじゃなく、『教えてください』だと自然に話しかけるきっかけができる」(20代女性)と、女性から話しかけやすい空気を作っておくのもポイントのようです。上手くいけば「今度一緒に行こうよ」と誘ってもらえるかもしれません。

【6】「人見知りなので緊張しています」と、受け身なタイプであることを伝えておく。
「あらかじめ性格が分かっていれば、それに合った接し方を考えてあげられる」(20代女性)と、優しい女性が気を使って話しかけに来てくれる可能性もあるようです。何も言わずに黙っているよりも、最初に打ち明けておくと楽かもしれません。

【7】「よく怖そうと言われますが、実は猫が大好きです」など、ギャップを逆手に取る。
「怖くないと分かれば安心するし、女子はギャップに弱い」(10代女性)というように、見た目とのギャップは武器にもなるようです。ただし、「実は家では引きこもりです」などネガティブなことは言わない方が良さそうです。

【8】「◯◯に似てるって言われます」と、芸能人や動物などに自分をたとえる。
「実際に似てたら盛り上がるし、似てなくても『絶対ないよ!』とツッコめる」(20代女性)と、リアクションをしやすいネタも女性には好評のようです。冗談が通じそうな空気なら、ツッコミを入れられることを前提に、あえてハリウッド俳優などにたとえるのもアリかもしれません。

【9】「来週の誕生日は独りで過ごす予定です」など、彼女がいないことを適度にアピールする。
「『彼女募集中です』だとチャラいけど、このくらいのアピールだと親しみを覚える」(20代女性)と、適度なアピールなら女性に興味を抱かせる可能性があるようです。誕生日を覚えてもらえるというメリットもあるかもしれません。

自己紹介のとき、後で女性から話しかけてもらうにはほかにどんな一言が効果的でしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(池田香織/verb)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/5 10:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます