木村拓哉「暴騰長者」、中居正広も…!?「ロレックス投資」でJ勝ち組

拡大画像を見る

 芸能人の比較的ポピュラーな趣味として「腕時計集め」がある。4月30日放送の『有吉ジャポンII ジロジロ有吉』(TBS系)によると、世界的なブランド『ロレックス』の腕時計が、意外な形で現在注目されているという。

「数年前から中国でロレックスブームが起こり、世界中の富裕層が買い占めた結果、価格が高騰したといいます。たとえば、50万円で購入したロレックスが10年で150万円に爆上がりすることもザラにあり、値下がりすることもないということで、“絶対に失敗しない投資”と言われています」(デイトレーダー)

 番組MCの有吉弘行(46)も、2010年末に『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の企画で半ば強制的に買わされた80万円の“シードウェラーディープシー”というモデルが爆上がりしたことを明かしている。今回、番組が銀座の店舗を訪れた『クォーク』の通販サイトによると、5月1日の時点で新品価格はおよそ180万円だった。

 番組では、「半年で700万円値上がり」したロレックスもあり、発売当時17万円だったのが、ポール・ニューマンが使用したことで3500万円まで値上がりし、“本人のロレックス”は、20億円で落札されたという逸品も紹介。

「番組ではロレックスコレクターとして、俳優の武田真治(48)が実際に金額を査定してもらったほか、“爆上がり1位”として、芸人のスギちゃん(47)が577万円で購入した『デイトナレパード』が1100万円に高騰したことが明かされ、スタジオを沸かせていました」(前同)

■ロレックスと言えばあの男

 ロレックス愛好家といえば、外すわけにはいかない人物がいる。SMAP時代からずっとロレックスや人気ブランドの腕時計コレクターとして知られている、木村拓哉(48)だ。

 木村は芸能界きってのロレックス及び腕時計愛好家として知られている。そもそも、日本のロレックスブームは木村がキッカケと言っても過言ではない。

「木村が97年の月9ドラマ『ラブジェネレーション』(フジテレビ系)で『ロレックスのエクスプローラーⅠ Ref.14270』(※Refは型番を意味する)を着けていたんですが、これを見て"キムタクの時計が欲しい!"と話題になったのが、ロレックスブームのキッカケと言われています」(女性誌記者)

 当時「ドラマ見たさに夜は街からOLが消える」とまで呼ばれていたドラマ。それだけに、追随した若者も多かった。

 さらに、同モデルは00年に、同じくフジテレビの木村の代表作『HERO』でも使われていた。"キムタク"を象徴する時計の1つである。

「『クォーク』の通販サイトでは、『14270』は80万~85万円で取り扱われていました。ただし、扱っていたのは00年代以降に製造されたものばかりだったため、97年以前に木村が着けていたのは、もっと高騰している可能性が高いですね」(前同)

■中居は木村と同じ時計をもって会見に臨んだ

 また、現在所有しているかは不明だが、『1016』を使用していた時期もある。この型番は草なぎ剛(46)や中居正広(48)も所持していたことでも知られている。

「中居は、基本的にシャネルの白い腕時計を愛用しているようですが、昨年2月21日にジャニーズ事務所退所発表会見を行った際に、エクスプローラーⅠをしていました。

 27日の『FRIDAYデジタル』によると、01年に中居は父親(15年に逝去)とおそろいでロレックスを買っていたそうです。会見の後に控えていた『ニュースな会』(テレビ朝日系)の収録では、衣装はそのままだったのに対して、時計はシャネルに変わっていた。最愛の父と同じ時計で退所会見に臨んで、ゲン担ぎしたのかもしれません」(前出の女性誌記者)

 そんな『1016』は、いまやヴィンテージモデルとして超プレミア価格。シリアルや年式で価格差が激しいものの、『クォーク』の通販サイトでは258万~488万円ほどで販売されていた。

「19年の『さんタク』(フジテレビ系)に出演した際、木村は『214270』を付けていたので、現在も細かくロレックスの流行を追っていると思われます。現在『214270』は、中古でも最低130万円で、新品は“お取り寄せ”となっていました。これに限らず、時計は同モデルでも型番で差が開くことが多いので注意が必要です」(前同)

 また、木村は『エクスプローラー』シリーズ以外にもロレックスを愛用しており、14年には『デイトナ アイスブルー Ref.116506』というモデルを使用。こちらは名前通りアイスブルーの文字盤が美しく、価格は驚異の1500万円。まさにケタが違う。

■最近も新型を購入

「昨年7月17日のインスタグラムでは、小さくて不鮮明ですがこれまでと違うデイトナを付けている木村の姿もありました。おそらく、型番は『116500LN』でしょう。価格はおよそ400万円です。

 ちなみに、木村に限らずジャニーズ事務所はロレックス好きのタレントが多く、『ジロジロ有吉』にゲストで出演していたKing&Princeの高橋海人(22)は“先輩の方々着けてるのは、ウン千万”としていましたが、キンプリもメンバー全員がそれぞれ違うロレックスを付けていますね」(前出の女性誌記者)

 『ジロジロ有吉』で紹介されたロレックス投資のコツとしては、

・精巧な偽物が横行しているから、ネット購入は避けること

・『デイトナ』のようなスポーツモデルの方が値上がりしやすい

・金やプラチナ素材は伸びしろが多い

・文字盤の色は白がオススメ。同モデルでも40万違うことも

・加工すると価値が激減する

 と、解説していた。

 ある意味、ジャニーズにとっても必需品のような存在のロレックス。投資してみる価値はあるかもしれないーー。

関連リンク

  • 5/5 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます