久宝留理子と都啓一夫妻がコロナ感染 ともに容体安定

拡大画像を見る

 歌手の久宝留理子(52)と、夫でロックバンドSOPHIAのキーボード都啓一(49)が夫婦で新型コロナウイルスに感染したことが4日、分かった。それぞれの公式サイトで発表した。

 久宝は喉の痛みが、都は数日前から軽い発熱があり、共に3日にPCR検査を受け、この日、陽性と判断された。2人とも容体は安定しており、保健所の指示に従って療養するという。

 2人は2001年元日に結婚。一男一女がいる。久宝が93年に発売した「『男』」は大ヒットし、NHK「紅白歌合戦」に出場した。

関連リンク

  • 5/4 21:38
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます