ただ呆れられているだけなのに…「自称愛され女」の自己中発想って?

自分ではチヤホヤされているつもりでも、実際はただ呆れられていることもあるもの。裸の王様状態では、いつ周囲から見切りをつけられてもおかしくないですよね。そこで今回は「自称愛され女の自己中発想」をご紹介します。

「自称愛され女」の自己中発想

1. 「恋愛にルールはない!」と言い張る

「友達の彼氏を平気で奪ったり、不倫をしたりするA子。しかも毎回『向こうから言い寄られて~』『恋愛にルールはない!』と言い張ってばかり。でもA子からアプローチしているのはみんな知っているんだよね。A子はモテているつもりなのでしょうが、男好きすぎてドン引きします」(20代/女性/飲食)

▽ たしかに恋愛にルールはないですが、節操がなさすぎると周囲を傷付けます。それにパートナーがいるのに簡単になびく男性にいい人はいないですよね……。もう少し客観視する力を身に着けてほしいものです。

2. SNSにグチって賛同者を集める

「知り合いにいわゆるインフルエンサーがいるんだけど、遠回しに友達のグチを書くんだよね。それでフォロワーが『○○ちゃんは悪くないよ!』『かわいいから嫉妬しているだけ!』と擁護している。でも内情を知っている身からすると、彼女にも問題アリというか……。そもそも言いたいことがあるなら直接言えばいいのに、やり方が汚いと思ってしまう」(20代/男性/教育)

▽ SNSもたまにグチる程度ならいいですが、毎回誰かを攻撃しているようじゃ困るもの。「みんなが私の味方になってくれる」と思っている時点で、自己中さが滲み出ています。だんだん周囲が離れていくのも仕方ないでしょう。

3. 非常識言動を「笑って許してもらえた」と思い込んでいる

「女友達が行きつけの美容院の予約をしていたけれど、すっぽかしてしまったそう。美容師さんから連絡が来たけれど、『忘れていた』って話したら『○○ちゃんはのんびり屋さんだからね』と笑って許してもらえたらしい。
でもそれって立場的に文句は言えないし、ただ呆れられているだけだよね? なんでも都合よく解釈するんだなと思ってしまった」(30代/男性/商社)

▽ 自称愛され女は、「かわいい私は何をしても許してもらえる」と思いがち。そのため反省することなく非常識言動を繰り返します。でも振り回されるほうはたまったものじゃないですよね。周囲が呆れていることに気付いてほしいものです。

4. ワンナイトのお誘いをモテと勘違い

「明らかに体目的のお誘いなのに、『また誘われちゃって困るんだけど~』とうれしそうにしている友人。『何されるかわからないからやめときなよ』と忠告しても会いに行っちゃうんですよね。それでワンナイト後に音信不通になるとブチ切れている。毎回『だから言ったのに……』と思っています」(20代/女性/IT)

▽ どう考えてもワンナイトのお誘いなのに、モテと勘違いしてしまう女性も。しかもプライドが高いので、自分が遊ばれたことを受け入れられずにまた同じ過ちを犯しがち。一度立ち止まったほうが、本当に自分を大切にしてくれる男性と出会えるでしょう。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/4 12:28
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます