滝沢秀明「ジャニーズJr.22歳定年制への思い」と「今後の芸能界」

拡大画像を見る

 4月7日、ジャニーズ事務所副社長の滝沢秀明氏(39)が演出を手掛ける舞台「滝沢歌舞伎ZERO 2021」の公開稽古が行われ、その席で滝沢氏は同事務所が発表した「ジャニーズJr.の定年制」について語った。

※動画は「taishu.jp」で

 その気になる内容について、このほど大人気企画『日刊大衆プレゼンツ 芸能ぶっちゃけ座談会』で徹底分析された。

 座談会では、滝沢氏が実際に語った言葉からその意図を分析、また定年制がもたらす「ある意外なメリット」についても考察し、ジャニーズ事務所の今後を占うかもしれない「あるビジネス」についても話は展開、白熱のトークが展開された。

 出演は、グラビアアイドルのめぐみういさん、芸能リポーターの佐々木博之氏、またメディアジャーナリストの浦憲三氏が音声のみで参加し、司会と進行をAKB48の論客として知られる芸能評論家の三杉武氏がつとめた。

 その気になる内容については、以下の動画でぜひご確認を!

https://youtu.be/n0H5fiaTzP0

関連リンク

  • 5/4 21:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます