櫻井翔&有吉弘行『夜会』で“笑えない”事件勃発!?人気ドラマ『特捜9』は降板騒動も!

拡大画像を見る

 連休特別企画! 2021年1月~4月の4か月間に本サイトでアクセス数の多かった人気記事BEST3をジャンル別にプレイバック。今回は「テレビ番組」事件簿!

3位 近藤春菜『スッキリ』卒業は経費削減クビ!!AG契約の仰天高額ギャラ!

 1月4日、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜(37)が朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)に出演し、「3月いっぱいでこの『スッキリ』を卒業させていただきます」と番組を卒業することを発表した。

 近藤は2016年3月から同番組のサブMCに就任して月曜から金曜日まで出演し、朝の顔としてお茶の間に定着。3月をもって番組を卒業することについて「私の意志で“巣立ちたいんだ”とお話させていただきました」と自ら降板を申し出たと明かした。

 同じく『スッキリ』ではMCを務める日本テレビの水卜麻美アナウンサー(33)も3月いっぱいでの降板を発表し、4月からは『ZIP!』のMCに就任することを発表した。

「春菜さんは、芸人としての活動を中心としていくために番組を卒業することになったと話しました。もちろんそういった面もあるのでしょうが、事実上は“降板してもらった”というところでしょうね。日本テレビではこの3月に、水卜アナだけでなくアナウンサーの大きな“異動”がありますが、これは完全に経費削減のためです。春菜さんの『スッキリ』卒業も経費削減のため、という側面が大きいでしょう」(放送作家)

 近藤春菜は、所属していた吉本興業とは専属マネジメント契約ではなく、加藤浩次や友近(47)らと同じ、2019年に新たに導入された専属エージェント契約となり、個人事業主として吉本から仕事を請け負う形になっていることも明らかになっている。

 日テレ関係者は話す。

「今回の降板は“エージェント契約だからどうこう”というわけではありません。エージェント契約や所属事務所は関係なく、単純に制作費削減の面で降板することとなったようです。近藤さんの『スッキリ』のギャラは結構な額のようですからね」

■年間7200万円ものギャラが!

 2006年に『スッキリ』がスタートした当初、MCの加藤のギャラは1本50万円だったとされている。

「これは他の朝の帯番組のMCに比べれば安いといえます。しかし、番組は今年15年目に突入しました。加藤さんのMCやコメント力があり、人気番組に成長してきたわけですから、現在は70~80万円前後には上がっているのではないでしょうか。

 近藤さんは2016年にサブMCとして番組に加入しましたが、当時のギャラは1本20万円だったようです。ただ、今では1本30万円くらいになっている可能性もあるでしょうね」(前同)

 1本30万円だとすれば、週5回の番組出演で150万円、年間だと7200万円ということになる。

「近藤さんの年間ギャラが7200万円というのは、正直、“高い”という印象ですよね。ちなみに、同じく『スッキリ』の“天の声”の声の山里亮太さん(43)は1本5万円といいますから、いかに近藤さんが高いか分かりますよね。

 どうにか経費を削減したい日本テレビサイドの意向と、近藤さんの意向が一致したことで、今年3月での卒業が決まったのではないでしょうか」(前出の日テレ関係者)

 近藤と水卜アナが抜けた4月以降の『スッキリ』はどのような番組になるのだろうか――?

(2021年1月5日公開)

■第2位は、人気ドラマ『特捜9』の降板騒動!

2位 井ノ原快彦、4月新作『特捜9』から激怒降板!?津田寛治の「大杉漣さんの教え」

 俳優の津田寛治(55)が、2月16日発売の『FLASH』(光文社)の連載企画「寄港めし」に登場し、自身のこれまでのキャリアや先輩俳優・大杉漣さん(享年66)への恩義や、影響を受けたことなどを振り返った。

 東京・麻布十番にある、かつてよく通った居酒屋でインタビューに応じた津田。彼は約30年前、この居酒屋近くの喫茶店でアルバイトをしており、そこで北野武(74)監督に直接プロフィールを渡したことが、映画『ソナチネ』への出演へとつながったという。
「当時、北野組の録音部の技師たちとよく飲みに来ていたといいます。録音部の人たちは、役者の微妙な声の違いを聞き分けることができるので、津田は録音部の人から映画や芝居についていろいろ教わったと語っています」(芸能記者)

 なじみの居酒屋でインタビューに応じた津田だが、アルコールには手をつけなかった。

「津田の大恩人である大杉漣さんは2018年2月に逝去しましたが、津田はそれ以来、お酒を口にしていないといいます。津田と大杉さんは『ソナチネ』で共演していますが、それ以降、大杉さんを通じて竹中直人(64)や黒沢清監督(65)を紹介してもらい、俳優として成功していくんです。そのため、大杉さんを心から尊敬していて、足を向けては寝られないということでしょう」(前同)

■井ノ原主演『特捜9』で勃発した“いざこざ”

「津田は大杉さんやさまざまな映画、ドラマの諸先輩から多くのことを教わったのでしょう。ただ、大杉さんがよく言っていたという“現場がすべて”“現場が楽しければ”という言葉から思い出されるのが、津田が出演する『特捜9』(テレビ朝日系)での“いざこざ”ですよね」(前出の芸能記者)

 V6の井ノ原快彦(44)が主演を務めるドラマ『特捜9』シリーズ。ドラマの前身は2006年から2017年まで放送されていた『警視庁捜査一課9係』。主演を務めていた渡瀬恒彦さん(享年72)が2017年3月に逝去したため、同作に出演していた井ノ原がバトンを受け取る形で『特捜9』がスタートした。

「しかし、2019年のシーズン2から、番組の若返りを図るために『9係』時代から番組に関わっていたベテランスタッフ数人がリストラされてしまったと、昨年4月の『週刊女性』(主婦と生活社)が報じたんです。さらに『9係』時代から残っていたプロデューサーのA氏が現場から外されることが検討されていたといいます」(ワイドショー関係者)

 記事によると、井ノ原が所属するジャニーズ事務所が、番組のさらなる若返りを図るために、スタッフの一新や功労者であるA氏を“切る”ことを提案したという。しかし、これに疑問を呈したのが津田だったとされる。津田は2006年4月にスタートしたシーズン1から『9係』に村瀬健吾役として出演。『特捜9』シリーズでも引き続き村瀬を演じている。

■津田の後任は宮近海斗?

「津田さんは“信頼しているスタッフが次々と去り、続けていく意義が感じられない”と、昨年のシーズン3での降板を決めていたと『週刊女性』では報じています。津田さんはシーズン2の打ち上げも欠席しましたからね……」(前出のワイドショー関係者)

『週刊女性』では、津田の後任として『特捜9』シーズン1から若手鑑識課員・佐久間朗役として出演しているTravis Japanの宮近海斗(23)がレギュラーに昇格する可能性もあると報じている。

 前出のワイドショー関係者は話す。

「実は、4月からは『特捜9』のシーズン4の放送が予定されています。津田さんがドラマに残るのか、宮近さんなどの新キャストが加わるのか気になるところですよね。テレビ朝日は『週刊女性』の、“津田さんが降板するのか”という問い合わせに対し、“こちらでは、そのようなお話は伺っていません”と回答したそうです。なんとも意味深な否定ですよね。

 津田さんと井ノ原さんの関係が悪いということではまったくないようです。津田さんは過去のインタビューで、井ノ原さんの演技力と現場での気遣いを絶賛していました。ただ現場やスタッフとの関係を大事にしてきた津田さんは、ジャニーズが進めていると報じられた番組の若返りには、納得はしていない可能性が高いですよね」

 今やテレビ朝日の看板連続ドラマシリーズになった『特捜9』。4月からスタートするシーズン4に津田の名前はあるのか、それとも……!?

(2021年2月22日公開)

■第1位は、櫻井翔&有吉弘行の『夜会』で大炎上!?

1位 櫻井翔『夜会』での挑戦に「笑えない」「失礼」大反発の声殺到!

 新年を迎えて、バラエティ番組も新コーナーを迎えたり、新レギュラーが加入する時期。櫻井翔(38)と有吉弘行(46)『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)も、1月7日からこれまでとは違う方向性の新コーナーを開始したが、その1つがさっそくつまずいているという。

「ゲストの趣味などをガチで語り合う『夜会部屋』や、一定の面倒な条件でゲストと料理対決をする『夜会(やっかい)食堂』の2コーナーが始まりました。『夜会部屋』はゲストの意外な趣味話で大いに盛り上がって好評なんですが、『夜っ会食堂』が、21日の放送で評判を落としてしまったんですよ……」(女性誌記者)

 1月7日の『夜っ会食堂』は悪くなかった。「冷蔵庫の余り物」という条件下で櫻井は、豚とキムチをゴマ油とめんつゆで味付けして炒め、これをたっぷりのチーズとともにパンに乗せてトーストしただけの、豚キムチトーストを作った。いかにも料理が苦手な人が作った「男飯」という感じだが、共演者からも視聴者からも好評だったのだが、21日は様子が違っていたという。

「21日は戸田恵梨香(32)と桐谷健太(40)がゲストだったんですが、“一般食材(約4万円)VS高級食材(約20万円)”という条件下で、オムライス対決をしたんです。料理が得意な桐谷・戸田ペアは一般食材、料理が苦手な櫻井・有吉ペアは高級食材ということでハンデをつけて挑んだんですが、櫻井がヒドすぎましたね」(前出の女性誌記者)

■料理がヘタすぎて炎上

 櫻井は「得意料理は麦茶」とされるほど料理が苦手。初回の「豚キムチトースト」を見ても、腕前は明らかだ。突きぬけて下手なほうがバラエティ番組としては面白いものの、今回は《食材を無駄にしてる感が見るに耐えなかった》《食材ももったいないし生産者に失礼だと思う。何がおもしろいのかわからない》《夜会全然笑えへんねんけど笑もったいないがすぎる》と批判の声が相次いでしまった。

 まず、櫻井は約3000円(3キログラム)の玉ねぎをみじん切りにするもまばら過ぎて、「ウソ、みじん切りにしてたの!?」と審査員の池田美優(みちょぱ・22)に指摘されたり、包丁が力任せの押し切りなことからMCの平成ノブシコブシ・吉村崇(40)に「いちばん食材をぶっ殺す(切り方)」との指摘を受けていた。この時点ではまだよかったのだが、問題はメインの卵を焼くところで発生した。

「櫻井は1個900円もする卵を黒く焦がしたうえ、ヘラで返すのに失敗し思い切り型崩れしてしまった。それを“スパニッシュ(風です)”と開き直ったのはまだしも、5000円のイセエビの上に1万円のウニと2万円のキャビア、高級イチゴを乗せて、ナレーターに“素材の味『しか』しない”高級海鮮プレートを作ったところは、完全に食材をおもちゃにしている感じでした。あれはちょっと、バラエティとしても笑えないですね」(専門誌記者)

 櫻井は慶應大学時代の同級生で、元テレビ局員の女性・Aさんと20年1月にべトナムとハワイで婚前旅行している様子が『週刊文春』(文藝春秋)で報じられ、現在はすでに同棲中で結婚間近だという。男性も家事を手伝う時代、彼女のために料理の腕も磨こうとしているのかもしれないが、道はまだ遠そうだーー。

(2021年1月25日公開)

関連リンク

  • 5/4 19:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます