「安楽死させるよりつらい3つのこと」 獣医の告白に胸が締め付けられる

拡大画像を見る

動物の健康を守り、時には命を救う使命を担う獣医師。やりがいのある仕事であると同時に、つらい仕事でもあります。

海外の画像投稿サイト『Imgur』に投稿された、ある獣医師の告白が反響を呼んでいます。

獣医師としてもっともつらい『3つ』のこと

3年間獣医師として働いてきたという投稿者さんは、ペットを安楽死させる時に、飼い主から決まって「これはあなたの仕事の中でもっともつらいことだろうね」といわれるのだそう。

しかし「それは違う。全然違う」といい切ります。

投稿者さんいわく、ほとんどの安楽死のケースではそれほど悲しみはないのだとか。

もちろん、家族を失った人たちを見て打ちひしがれたり、その人たちを慰めたりもするといいます。

それでも「動物の苦しみを終わらせることができるのは獣医師の特権であり、動物の体がギブアップするまで苦しむ姿を見ているほうがより悲しい」のだそう。

では投稿者さんにとって、安楽死よりつらいこととは何なのでしょうか。それは3つあるといいます。

It’s not even close

1.ペットを助けられる治療法があると分かっているのに、飼い主がその費用を支払えない時。かわいそうな飼い主とペットに対して心が痛み、自分にもっとできることがあればいいのにといつも思います。

2.治療や診断の費用のことで毎日毎日飼い主から怒鳴られ、感情的にとても消耗します。私が価格を設定しているのではないということを人々に知ってもらいたい。もし私が決められたとしても、獣医の診療所を経営するには少額の費用がかかり、治療費や診察代がそれをカバーしています。

人々はクロスブリードのためにブリーダーに2500ポンドから3000ポンドを払うことはいとわないのに、健康診断と最初のワクチンに70ポンドは不当に利益を得ていると思うのですか?

3.私たちよりもFacebookを信頼している人たち。人々は私の5年間の医学の学位を、「このノミとり首輪やワクチンが犬を殺す」という人と比べて、価値がないとみなしています。

GaelicandUnpronounceable ーより引用(和訳)

クロスブリードとは、違う種類の犬種を交配させることです。

投稿者さんは、助かる見込みのない動物を苦しみから救うための安楽死にはそれほど悲しみは感じないのだそう。

それよりもつらいのは、飼い主が費用を出せないためにペットを助けられない時や、治療費について文句をいわれ、獣医師の知識や経験を信頼してもらえないことだといいます。

獣医師になった人たちはみんな、何年も必死に勉強して、やっと夢の職業につけたのでしょう。

しかし実際は、飼い主の経済的な理由で助かる命を助けられないこともあるのです。

そんな状況の獣医師のやるせない気持ちを想像すると胸が締め付けられます。

ペットを飼うにはフード代やワクチン代はもちろん、病気になった時は治療費がかかります。ペットが健やかに長生きできるかどうかは、飼い主の経済力が大きく影響するといっても過言ではありません。

ペットを家族に迎える人は、いざという時に高額の費用がかかっても、ペットの命を救うために全力を尽くす覚悟があるかを、自身に問う必要があるのでしょう。

[文・構成/grape編集部]

出典 GaelicandUnpronounceable

関連リンク

  • 5/4 13:20
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

13
  • トリトン

    5/5 19:25

    どんな生き物でも助けようとする気持ちは大切だと思うがやれるかどうかだよな。自分も家も捨て犬や保健所連れていく犬を引き取ったけど里親探さなければもちませんでしたからね。最高6匹だったときなだったときなんかは。

  • いち(

    5/5 18:54

    そやな。車の下に潜り込んで来てもトドメ刺しとけば良かったな。

  • 猫魔天狗

    5/5 18:30

    安息の地と思っていたのに裏切られて奈落の底に落とされるよりはと思いますね。

記事の無断転載を禁じます