相手に本音を見せるのが苦手!上手く本音を伝える方法って?

拡大画像を見る


恋愛をすると、恋愛相手に対して自分の本音を見せることができないという人もいます。たとえそれが両想いになって彼氏になったとしてもです。
本音を見せないほうが上手くいくと思うところもありますが、実は本音を見せないあなたに対して相手は様々なことを思っているでしょう。本音を見せないことが原因で別れることもありますよね。
そこで、恋愛相手に本音を見せるのが苦手な場合、どうしたらいいのか対処法について紹介します。


嫌われることを考えない

まず、なぜ自分の本音を相手に見せることができないのでしょうか。多くは、嫌われたくないからという気持ちを持っているために本音を隠しているはずです。
そこで、自分の本音を見せないのが本当に嫌われないことなのかについて考えてみましょう。相手が相手の本音を見せてきたらあなたは相手を嫌いますか?おそらく嫌うことはなく嬉しい気持ちになるでしょう。
相手もあなたが本音を見せてくれると嬉しくなるはずです。嫌われると考えるのではなく、本音を見せたほうが好かれると考えてみませんか?


本音を手紙にして伝える

本音を言いたいのに言えないときは、手紙にして伝えるのもおすすめです。LINEでもいいのですが、相手が言い返してくるタイプだったり、強気なタイプだったりすると一気に丸め込まれてしまうでしょう。
言いたいことの半分も伝えられなくなります。しかし、手紙なら自分だけの時間の中で自分の気持ちをしっかりと書いていくことができるため、きちんと思いを表現することができるでしょう。
誠意を込めることもできるので、相手もすんなりとあなたのことを理解してくれますよ。


本音を言えたら仲が深まると思う

もしあなたが本音を言えて、相手と本音で付き合うことができたら、仲がとても深まります。相手があなたのことを信じてくれるようになるからです。
本音を言わないことは思いやりではないと思ってください。もちろん言い方は考えなければなりません。言わなくていいこともあるでしょう。
ただ、本音を言わない優しさを持っていたとしても、それが自分にも相手にもプラスにならないことを知っていたほうがいいですね。


相手を信じる

本音を言うと「相手が怒るかもしれない…」「別れが訪れるかもしれない…」などのように色んなことで不安が大きくなることもあるでしょう。
しかし、この不安は実は相手のことをあなたが信じていないからこそ持ってしまうものです。相手を信じていれば、怒るとか別れるなどの気持ちは出てこないでしょう。
もっと相手のことを信じて付き合ってみてください。信じたら本音を言えるようになりますし、今よりも楽しい付き合いができますよ!


本音で付き合える恋愛をしよう

本音を言うのが苦手なのは性格でもあります。いきなり性格を変えるのは難しいところがありますが、できるだけ本音で付き合うことができる恋愛をしてくださいね!(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/4 9:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます