一日中彼のことばかり...「考えすぎて苦しい」ときの対処法って?

拡大画像を見る

何をしていても恋愛、ご飯を食べていても恋愛と、頭の中が「恋愛、恋愛、恋愛」と恋愛ばかりになって辛くて苦しいときがありませんか?
自分で「恋愛のことを考えなければいい」というのが分かっていたとしても、考えてしまうため苦しさから逃れることができなくなりますよね。
そこで今回は、一日中恋愛のことばかり考えて苦しいときの対処法について紹介します。


スマホの電源を切る

恋愛のことばかり考えているときは、相手と交わしたLINEや電話を思い出したり、スマホで恋愛のことを検索したり、相手のSNSをチェックしたりと色んなことをしてしまうでしょう。
また、相手から連絡が来ないスマホに対して悲しい気持ちになることもあるはずです。スマホを見ているからきっと辛くて苦しい気持ちが増していくのでしょう。
そういうときは、スマホの電源を切ってしまいましょう。スマホを見ないようにしたほうが苦しさから解消されますよ。


仕事に専念する

仕事に専念するときにも、恋愛のことを考えてしまうという人は、「この仕事は絶対にミスが許されないもの」という暗示を自分にかけてください。
そうすることで、一気に仕事への集中力が高まり恋愛から少しでも離れることができるようになるでしょう。仕事と恋愛のスイッチの切り替え方も分かるようになりますよ。
恋愛が苦しいときは、仕事に逃げるのもありです。仕事があってよかったと思え、仕事面で自分を成長させることにも繋がりますよ。


料理を作る

お菓子作りをする、やったことがない料理を作ってみるなど料理に挑戦してみませんか?料理をするときは、レシピを確認したり、完成させるために材料を揃えたりしますよね。
その間、恋愛のことを考えていると料理ができなくなるため料理に集中することができます。料理に集中していたらあっという間に時間が過ぎたり、上手に作るために料理のことだけ考えることもできますよ。
料理の腕があがれば、恋愛でも使うことができるため、一石二鳥ですよね!


読書をする

恋愛とは全く関係のない本を読む、仕事のためになる本を読む、自己啓発の本を読むなどのように読書をするのもおすすめです。
恋愛のことばかり考えていると、本を読んでいても途中で読めなくなることもあるでしょう。それでも読み進めていってください。
本から学ぶところがあったり、だんだんと夢中になっていくことで本が恋愛の苦しさを忘れさせてくれることがありますよ。知識もつくのでいい時間を過ごせるはずです。


苦しいときは恋愛から離れてもいい

恋愛が苦しいなと思ったときは、思い切って恋愛から離れてみてください。苦しいと思いながらする恋愛は修行みたいになってしまいます。時には自分を休ませて甘やかせてまた頑張ればそれでいいのです。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/3 21:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます