ポグバは来季で契約満了も…マンU指揮官、退団を望まず「もちろんあり得ない」

拡大画像を見る

 マンチェスター・Uのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、同クラブのフランス代表MFポール・ポグバについて語った。2日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 来シーズン終了時点でマンチェスター・Uとの契約を満了するポグバについては移籍の噂が絶えず、昨年12月には同選手の代理人ミノ・ライオラ氏が「彼のユナイテッドでの時間は終わった」と発言。ユヴェントスやレアル・マドリードへ移籍する可能性が報じられている。

 しかし、今回メディアの取材に応じたスールシャール監督は、ポグバの退団を望んでいないようだ。以下のように語っている。

「(ポグバを移籍させるか問われ)いや、もちろんそんなことはあり得ない。ポールにもいつも言っているが、彼に対してマネージメントするのもコーチングするのも、また彼と話すことも互いに楽しむことができている。彼は常に良くなりたいと思っているし、だからこそ彼の言葉に耳を傾けられるんだ」

「マンチェスター・Uでの時間を楽しんでいると思うし、互いに敬意を持って接することができている。彼のことは若い頃から知っているし、今後もここで活躍を続けてほしいと思っているよ」

 ポグバは今シーズン、ここまで公式戦37試合に出場し6ゴール7アシストを記録している。

関連リンク

  • 5/3 18:09
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます