禁欲の果てに辿り着く境地...!男がドキッとする【キス待ち仕草】4つ

拡大画像を見る


彼にキスしてほしいと思っても口にする勇気がないあなた。キス待ち仕草を身につければ、彼にキスしてもらえるかもしれません!そこで今回は、男がドキッとする【キス待ち仕草】を4つご紹介します。


上目遣い

彼女を可愛いと思ったときや守ってあげたいと感じたときに、キスしたいと思うようです。男性にそう思わせるには、上目遣いで彼の目を見つめるのが効果的!上目遣いは女性の可愛さや、か弱さを強調できる仕草。そんな表情で見つめられたら、男性はドキッとしてキスしたい気分になるでしょう。


彼の口元を見つめる

男性に口元を見つめられると「キスしようとしてるのかな」と感じて、ドキドキしませんか?キスをしてほしいときには、彼にもそのドキドキを感じてもらいましょう。彼と会話中に、口元に視線を送ってみてください。彼はキスを求められていることに気づいてくれるはずですよ!


グロスを塗る

彼に分かりやすくキス待ちアピールをするなら、くちびるを潤わせることがポイントです。カサカサのくちびるよりも、うるうるのくちびるの方が、断然キスしたくなります。彼が見ていない隙にグロスをサッとひと塗りすれば、ドキッとさせることができるはず。彼とデートのときは、ポーチにはかならずグロスを忍ばせておくといいかもしれませんね!


くちびるを尖らす

キスをするときは自然とくちびるを尖らせますよね。女性がくちびるを尖らせると、男性はキスを連想してドキッとするのです。キスしてほしいときは、キス顔を見せるのが効果的。彼をドキッとさせたいときは、くちびるを尖らす仕草を試してみてください。

ただキスを待っているだけではなく、待っていることをアピールすることが大事です。今回ご紹介した4つの【キス待ち仕草】を実践して、彼からのキスをゲットしてみてくださいね!
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/2 22:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます