フランク・グリロ、“ラスボス”メル・ギブソンと睨み合う『コンティニュー』場面写真

拡大画像を見る

フランク・グリロが謎の殺し屋集団に狙われ、何度殺されても同じ朝を繰り返す謎のループに陥る主人公ロイを演じる映画『コンティニュー』より、ロイが個性豊かな敵と戦いながら真相に近づいていく場面写真が一挙公開された。



謎の殺し屋集団から死に追い込まれる同じ一日を無限に繰り返しているロイは、どうすればこのループから抜け出せるのか? なぜ狙われるのか? タイムループの中でレベルアップし真実に近づいていく本作。今回到着した場面写真では、元デルタフォース隊員のロイがラスボスの軍属科学者ヴェンター大佐(メル・ギブソン)と睨み合うシーンや、謎の装置とタイムループの鍵を握る科学者の元妻(ナオミ・ワッツ)、そして殺し屋集団とのアクションシーンが写し出されている。


また、ロイの後ろに人気格闘ゲーム「ストリートファイター」のロゴも確認することができる。


劇中では、無敵の強さを手に入れるため、容赦無く悲惨な死を遂げるロイ。本作の監督ジョー・カーナハンは「通りを歩いているロイの頭を撃つ場面は本当に大変だった。絶妙なタイミングが要ったからね。それからロイがビルから飛び降りて、砂を運んでいるトラックにひかれる場面も。あれがワンテイクで撮れたなんて驚きだ!」と注目のシーンを語っている。


『コンティニュー』は6月4日(金)より新宿バルト9ほか全国にて公開。

(cinemacafe.net)


■関連作品:
コンティニュー 2021年6月4日より新宿バルト9ほか全国にて公開
© 2019 Georgia Film Fund 72, LLC All Rights Reserved

関連リンク

  • 5/2 14:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます