【本日の注目ポイント】阪神競馬場で行われる天皇賞・春

拡大画像を見る

 5/2(日)は東京・阪神・新潟の3場開催。天気は東京が晴れ時々曇り、阪神が晴れのち雨、新潟が曇り時々雨の予報となっている。

■阪神競馬場で行われる天皇賞・春
 阪神11Rは天皇賞・春(GI)。京都競馬場の改修工事により、今年は阪神競馬場の芝3200mを舞台に行われる。前走・阪神大賞典を制したディープボンド、昨年の菊花賞でコントレイルを追い詰めたアリストテレス、一昨年の菊花賞馬ワールドプレミアなどが出走する。白毛馬や3頭の牝馬にも注目。

■オークストライアル・スイートピーS
 東京11RはスイートピーS(L)。芝1800mで行われる3歳牝馬限定のレースで、勝ち馬にはオークスへの優先出走権が与えられる。チューリップ賞の勝ち馬エリザベスタワー、前走で1勝クラス2着のアラビアンナイト、1勝クラスの特別戦2着2回のスウィートブルームなどがエントリー。

■新潟11R・吾妻小富士Sにライトウォーリアなど
 新潟11Rはダート1800mの吾妻小富士S(OP)。前走のマーチSで8着に敗れたライトウォーリア、昇級後連続3着のサトノギャロスらが参戦。18年チャレンジCを制したエアウィンザーは、今回が初のダート戦となる。

■東京10R・府中Sにカントルなど
 東京10Rは芝2000mの府中S(3勝)。18年の日本ダービー馬ワグネリアンを全兄にもつカントルに人気が集まりそう。ほかに、前走の箱根特別を快勝してきたハーツイストワール、祖母に98年桜花賞などGI・3勝のファレノプシスをもつレザネフォールなど。

■阪神9R・山陽特別にミッキーバディーラなど
 阪神9Rは芝1400mの山陽特別(2勝)。全兄に14年朝日杯FSを制したダノンプラチナをもつミッキーバディーラ、半姉に14年の桜花賞馬ハープスターがいるゴールドティア、前走小豆島特別7着からの巻き返しを図るチュウワノキセキなどが参戦。

■阪神8R・蓬莱峡特別にラヴユーライヴなど
 阪神8Rは牝馬限定、芝1800mの蓬莱峡特別(2勝)。リアルスティール、ラヴズオンリーユーを全きょうだいにもつラヴユーライヴ、惜しい競馬が続くエレヴァテッツァ、サダムパテック・ジュールポレールの妹セウラサーリなどが出走する。

■地方では4重賞
 水沢競馬場ではダイヤモンドC、金沢競馬場ではノトキリシマ賞、高知競馬場では黒潮皐月賞、帯広競馬場ではばんえい十勝オッズパーク杯と、地方では4つの重賞が行われる。

関連リンク

  • 5/2 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます