カバーニの契約延長を望むスールシャール監督「全力を尽くしている」

拡大画像を見る

 マンチェスター・Uを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督は、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの契約延長を望んでいることを強調した。29日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 現在34歳のカバーニは昨年10月にマンチェスター・Uに加入し、ここまで公式戦33試合の出場で12ゴール5アシストを記録。今季終了までとなっている現行契約には、1年間の延長オプションが付随していることが明らかとなっている。しかし、今季終了後の退団が噂されるなど、去就は不透明となっている。

 そんな中、29日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝ファーストレグのローマ戦でフル出場したカバーニは、2ゴール2アシストを記録した上にPKも獲得し、6-2での勝利に大きく貢献した。活躍を見せた同選手に対し、スールシャール監督は来季もクラブに引き留めようと懸命に努力していることを明かした。

「彼は私の気持ちを知っている。ここにいてくれることを嬉しく思っていることも彼は知っている。エディンソンはただゴールを決める選手ではない。緩急をつける走りをすることも得意だし、他の選手を生かすことにも優れている。彼は失われた時間を埋めようとしていて、私はとても嬉しく思っている」

「もう1年彼をここで見られることを願っている。私は全力を尽くしている。オールド・トラフォード(本拠地)はファンがいる時では違う場所であると彼とは約束している。彼にはその雰囲気を味わう必要がある。マンチェスターは住むのに素晴らしい場所だ。今夜のような試合をすればうまくいけば決勝に進めるかもしれないし、うまくいけば彼をもう1年ここで見ることができるかもしれない」

関連リンク

  • 4/30 15:18
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます