バルサのクーマン監督、退場処分に納得いかず「全く理解できない」

拡大画像を見る

 バルセロナを率いるロナルド・クーマン監督がグラナダ戦での退場処分に不満を爆発させた。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 リーガ・エスパニョーラ第33節が29日に行われ、バルセロナはグラナダと対戦。23分にリオネル・メッシが先制点を挙げたものの、63分にダルウィン・マチスに同点弾を許すと、79分にはホルヘ・モリーナに逆転弾を決められ、1-2で逆転負けを喫した。

 この試合、66分に抗議によりレッドカードを受けて一発退場となったクーマン監督は試合後、「全く理解できない」と何も悪いことはしていないと主張した。

「私が第4審判を軽蔑したことになっているようだが、何も悪いことは言っていない。彼を侮辱したりはしていない。信じられないよ。第4審が注目の的になりたいのなら…私が言ったことになるんだろう。だが、すべて敬意を持っていた。彼は私にあまり良くない方法で返答した。彼が私を軽蔑したんだ。私が言っていないことを彼らが報告書に書くのなら、私は何かそれについてしなければならないね」

 1試合未消化だったバルセロナは勝てば首位浮上となる一戦だったが、ホームでまさかの逆転負けを喫し、首位浮上の絶好のチャンスを逃した。クーマン監督は「後半の守備陣の集中力がそれほど良くなかった」と敗因を挙げた。

「我々は特に1-0となった後に得点するチャンスを作ったが、集中力を失ってしまった。それが負けた理由だ。彼らにも上手く守られてしまった。負けたことを受け入れなければならないが、これは大きなチャンスだったから失望もしている。我々は日曜日の準備をしなければならない。5試合が残っていて、誰もが厳しい戦いを残している。優勝するためには残り5試合で全て勝利する必要がある」

 バルセロナは次節、5月2日にアウェイでバレンシアと対戦する。

関連リンク

  • 4/30 13:29
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます