鷲見玲奈、「艶技派女優」への道(2)戦略化された「布面積」減少に激賞の声

拡大画像を見る

 たびたびインスタグラムに筋トレ風景を投稿する鷲見玲奈だが、こちらも「激艶ショット」大放出。女子アナ評論家の丸山大次郎氏が、興奮気味に解説する。

「もともと凹凸あるダイナマイトボディなので、見どころが多すぎるんです。普通にトレーニングしているだけでも、男性目線ではあらゆる部位を順番に追って目が引き付けられるばかり。自分の魅力をわかっているからこそ、SNSをうまく使っていますね」

 ピチピチのレギンスにTシャツ姿で股を開き、Gカップの胸を突き出す投稿にはファンが大喜び。局アナ時代に約30万人だったフォロワーは、今や56万人超えの人気ぶりである。

 こうした「艶っぽ肌見せ」は戦略化されているかのように思える。グラビア展開に関しても、最初はボディラインは目立つものの、あくまで洋服を着ていた。それが、徐々にキャミソールなどの薄い生地、肌を覆う面積の狭いものへとシフトしていっているのだ。

「肌見せ過多」ぶりは、3月5日にスタートした冠番組「鷲見玲奈の巣ごもりゴルフ」(CS放送ゴルフネットワーク)でもじっくり楽しめる。ひざ上20センチは超えようかというミニ丈スカートにニーハイソックスというコーデは目のやり場に困る。絶対領域からわずかに見える白肌が反則すぎる色香を放っているのだ。丸山氏も、「先輩の大橋未歩と同じ系譜だと思うのですが」と前置きして、「横バスト」アングルをはじめとしたテレ東のお家芸“艶アングル”でも「堂々と見せてくれます」という。

「ニット衣装の際はサイドから撮影されているのに、やけに姿勢がよくて、迫力のあるバストラインを強調している。あえて男心をそそる演出に乗ってくれるのが本当にすばらしい」(丸山氏)

 独立して半年もたつと、その「肌見せ術」で着々と仕事を増やしてきた印象だ。9月には「SBI FXトレード/SBI VCトレード」のイメージキャラクターにも就任した。

 注目すべきはその衣装。白、赤、青の3パターンあるが、赤のノースリーブワンピースは二の腕が丸出しの大サービスぶり。前出の丸山氏はバストラインと美脚の上のほうを強調したタイトなミニ丈スカート衣装を披露した鷲見について、「まさにこの手の男性をターゲットとした企業広告はハマリ役。今後もCMオファーが増えそうな予感です」と評したうえで、「やはりファン層は男性がメイン」ゆえ、今後も艶っぽさを前面に押し出すような活躍をしてほしいと期待するのである。

関連リンク

  • 4/30 9:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます