『ラヴィット!』“視力並み”視聴率よりヤバい「丸パクリ」6連発!!

拡大画像を見る

 3月29日の番組スタートから壊滅的な低視聴率を連発し、早くも打ち切り説すらささやかれる、麒麟・川島明(42)がMCを務める情報番組『ラヴィット!』(TBS系)。

 最近は、世帯視聴率で1%台後半から2%を推移しており、4月27日も平均世帯視聴率は1.5%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、個人視聴率0.7%と、“視力並み”の数字が通常運転になってしまった。

 4月28日、TBSの社長室広報部は『ラヴィット!』について、「他局との差別化を図るため、企画をバラエティ方向にシフトしました。今後も“ニュースなし、ワイドショーなし”の方針は変わりません」とコメント。

 視聴率については「ALL(個人全体)では苦戦が続いておりますが、新ファミリーコアでは、少しずつ反応が出始め、F1(女性20~34歳)では、民放の中で2位になる日も出てきました」と手応えを示した。

「世帯視聴率では断トツトップの、羽鳥慎一さんがMCを務める『モーニングショー』(テレビ朝日系)は、シニア層をターゲットにした番組作りをしていますからね。13歳から49歳のコア層の数字は加藤浩次さん(52)の『スッキリ』(日本テレビ系)が1位。次は谷原章介さん(48)がMCに就任し、新たに始まった『めざまし8』です。F1も基本的にその順は変わらないですが、『ラヴィット!』が上回ったこともある、ということでしょうね。

 ただ、コア層のところ含めて、どう考えても現在の視聴率は、早急に改善しないといけない深刻な数字になっています。しかし、テレビ番組制作関係者の間で、その超低視聴率以上に“よくない”と言われているのが、他番組の企画を堂々とパクっているところです。

 そもそも『ラヴィット!』については“日本テレビの『ヒルナンデス!』のような番組を作りたい”というコンセプトで企画がスタートしたと言いますからね」(制作会社関係者)

■『ヒルナンデス!』のSHELLYを引き抜くプラン

 放送初回の『ラヴィット!』を見た視聴者からは、「ラヴィット、ほんとにヒルナンデスやん笑」「ラヴィットはヒルナンデス!のパクリっぽい感じするからアサナンデス!だな!」といった指摘も相次いで上がった。

『ラヴィット!』のスタートが報じられた際、MCの川島のパートナーとしてSHELLY(36)にもオファーを出したものの、断られたという報道もあった。

「TBSは『ヒルナンデス!』の金曜レギュラーのSHELLYさんを引き抜こうとしていた、ということになりますよね。さすがにオファーの段階でTBSサイドは“『ヒルナンデス!』のような番組を作りたい”と。SHELLYさんサイドには伝えなかったでしょう。

 ただ、SHELLYさんも頭の回転が速いですから、TBSサイドの意図を汲み取って、『ラヴィット!』のオファーを断った可能性もありますよね」(前出の制作会社関係者)

『ラヴィット!』には『ヒルナンデス!』以外からも「パクリでは」という指摘が絶えない。

『ラヴィット!』初回放送翌日の3月30日放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)では、爆笑問題の田中裕二(56)が「見たらアレだね。内容は『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)だったね」と話す場面があった。

「初回放送ではコンビニスイーツのランキングなどを放送していましたからね。『ラヴィット!』は毎日のようにグルメ関連のランキングをやっていますから、田中さんが“『お願い!ランキング』みたい”と感じたのも無理ないでしょうね」(前同)

■『潜在能力テスト』&『有吉ゼミ』のパクリ説も

 番組終盤の曜日対抗のクイズ企画「勝つのは何曜日? クイズ!ラヴィット9」は、千の位を隠して家電製品などの値段を当てるクイズなどが出題されるが、これには、フジテレビの『潜在能力テスト』のパクリではないかという指摘が殺到している。

 ネットには、「ラヴィットの今やってる数字入れるクイズ、潜在能力テストでやってるやつのパクリじゃん」「ルールや画面割りがほぼ同番組のパクり」といった声が上がっている。

「4月16日には、金曜レギュラーのジャングルポケット・太田博久(37)と近藤千尋(31)夫妻が古民家のDIYに挑戦する企画が放送され、夫妻が自腹で一軒家を購入するという流れになったんです。これについても“『ラヴィット!』、『有吉ゼミ』の丸パクリ企画やってた、物件探すやつ”と指摘する声が上がっています。

 たしかに『有吉ゼミ』(日本テレビ系)の『坂上忍、家を買う。』や『ヒロミ、家をイジる。』といった企画に似ていると言われても仕方がない内容です。ただ、極めつけは4月28日放送の街ブラロケでしょう」(前出の制作会社関係者)

■『沸騰ワード』の名物コンビをモロパクリ!

 4月28日の『ラヴィット!』では、水曜レギュラーの矢田亜希子(42)、そしてゲストの小沢真珠(44)とロッチ・コカドケンタロウ(42)が、東京・吉祥寺のおすすめスポットを巡る街ブラロケが放送された。

「矢田といえば、日本テレビの『沸騰ワード10』の人気コーナー『コストコに取り憑かれた矢田亜希子』に出演しています。加えてこのコーナーにはプライベートでも親交が深く、“コストコ仲間”として知られる小沢もたびたび登場しています」(前出の制作会社関係者)

『ラヴィット!』の矢田&小沢ロケからわずか5日前、4月23日の『沸騰ワード』でも、矢田がコストコで商品を爆買い。小沢やなにわ男子の大西流星(19)も参戦し、絶品料理とパン作りで盛り上がった。

「『沸騰ワード』ではプライベートでも仲がいい矢田と小沢の掛け合いが名物になっていて、特に小沢の出世ドラマ『牡丹と薔薇』(フジテレビ系)の“パロディコント”は、“一流女優の2人がここまでやるのか”と大人気です。

 矢田を街ブラロケ、買い物ロケに行かせるだけでも『沸騰ワード』のパクリに見えてしまうのに『ラヴィット!』では矢田と小沢をコンビで出演させている。これは露骨なまでのキャスティングのモロパクリ。制作関係者からは“恥も外聞もない”といった声まで出ていますよ」(前同)

 制作会社プロデューサーは言う。

「視聴者の見る目が肥えてきて、ネットでおかしな点をすぐに指摘できる今の時代、“パクリ”をやっていいことはありません。番組サイドが“人気番組のいいとこ取り”をしようとしていることが、すぐに見透かされてしまう。番組サイドの独自の創意工夫、熱がある制作姿勢が伝わってこなければ、視聴者は離れていき、結局は数字で跳ね返ってくる。

 MCの川島さんは日々、明るく頑張っていて、軽妙なスタジオ回しで笑いを生み出していますが、彼の内心もズタボロかもしれませんね……」

『ラヴィット!』が始まって2か月が経った。番組はここから右肩上がりとなるか、それとも――。

関連リンク

  • 4/30 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます