【天皇賞(春) 血統データ分析】ステイゴールドの血を継ぐオルフェーヴルも存在感を放つ

拡大画像を見る

 5月2日に阪神競馬場で行われる天皇賞(春)(4歳上・GI・芝3200m)について血統・種牡馬別に検証していく。なお、今年は開催日割の変更に伴い阪神芝3200mにて施行されるため、芝3000m以上の古馬混合戦をデータの集計対象とした。

 ハーツクライ産駒は[6-13-9-49]。6勝の内訳は4勝がダイヤモンドS、2勝が阪神大賞典。特徴として2着歴の多さを挙げられるが、そのうち5回は天皇賞(春)での成績で、14年ウインバリアシオン、15年フェイムゲーム、16年カレンミロティック、18年シュヴァルグランは勝ち馬とタイム差のない惜敗だった。ハーツクライ自身も阪神競馬場では末脚堅実かつ4着以下に敗れていないため、代替開催であと一押しを叶えられるか要注目の存在だろう。同産駒からはゴーストが出走を予定している。

 ディープインパクト産駒は[5-10-9-49]。5勝の内訳は2勝が天皇賞(春)、1勝がステイヤーズS、阪神大賞典、松籟S。現行の阪神芝3200mで初めて施行された21年松籟Sではディアスティマが逃げ切り勝ちを収めており、改めて種牡馬としての対応力の高さを証明してみせた。また、天皇賞(春)は2連覇中、一昨年はワンツー決着と昨今の勢いには目を見張るものがある。同産駒からはカレンブーケドール、ディアスティマ、マカヒキ、メイショウテンゲン、ワールドプレミアが出走予定。

 オルフェーヴル産駒は[2-2-2-7]。種牡馬として芝3000m以上のレースで存在感を放つステイゴールドだが、その直仔にあたるオルフェーヴルの産駒も勝率15.4%・複勝率46.2%、単勝回収率130%・複勝回収率139%、と好走率、回収率ともに申し分のない成績を残している。

 昨年のステイヤーズSでは7人気オセアグレイトと8人気タガノディアマンテが1、2着となるほか、6人気ヒュミドールも5着に入線しており、出走した3頭すべてが入着を果たした。また、今回と同じコースで施行された21年松籟Sでも5人気シルヴァーソニックが3着となっている。同産駒にはオーソリティ、オセアグレイト、メロディーレーンの3頭が該当する。

関連リンク

  • 4/29 20:38
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます