レアルDFカルバハルがまたも負傷離脱…チェルシー戦2ndレグやセビージャ戦欠場か

拡大画像を見る

 レアル・マドリードは29日、スペイン代表DFダニエル・カルバハルの負傷について発表。クラブの医療部門が行った検査の結果、右足半膜様筋の損傷と診断されたことを明らかにした。

 スペイン紙『アス』によると、同選手は27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグのチェルシー戦で負傷。最低でも3週間の離脱が見込まれており、5月5日のチェルシー戦や同9日のリーガ・エスパニョーラ第35節セビージャ戦などを欠場する可能性がある。

 現在29歳のカルバハルにとっては、今季5度目の負傷離脱となる。筋肉系のトラブルが続いている影響で、ここまでの公式戦出場は15試合にとどまっている。

関連リンク

  • 4/29 21:15
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます