チャビ 将来不透明メッシの今季に言及「悲しんでいるように見えた」

拡大画像を見る

レオ・メッシとFCバルセロナの契約が切れる2ヶ月前になっても、バルサのファンは、このアルゼンチン人が自分の将来についてどのような決断を下すのかを待っている。一方で、パリ・サンジェルマン(PSG)は経済的に不可解なオファーをテーブルの上に置いているようだ。そこで、ジョアン・ラポルタ会長はメッシ残留に全力を尽くしている。

メッシ 再びチャビ越えへ、次節出場で公式戦出場試合数がクラブトップタイに

バルサの会長は、パリから聞こえてくる雑音に反論し、28日(水)にはラポルタとメッシの父親との間で具体的な会話をしている。クラブの経済状況が明らかになるまで、会長はメッシにオファーを提示しないが、一部の情報筋によると、メッシは厳しい状況を認識しており、サッカー選手としてのキャリアを超えた長期契約と引き換えに、給料を半分に減らすことを望んでいるようだ。

レオ・メッシの気持ちを知っているサッカー選手がいるとすれば、11シーズンにわたってロッカールームを共にしたチャビ・エルナンデスだろう。アル・サッドの現監督は、『Televisio de Catalunya』がシーズンの終わりに向けて準備しているドキュメンタリー番組「10」の中で、アルゼンチン人の状況を分析し、ペップ・グアルディオラ、アンドレス・イニエスタ、ルイス・エンリケ、ホルヘ・バルダーノ、ファビオ・カペッロ、ロナウジーニョ、ルイス・スアレス、エルネスト・バルベルデ、ネイマール、シャビ・アロンソにも意見を述べている。

「私が人生のクラブと思っている場所で幸せを感じていないという事実は悲しいね。レオにとって幸せを感じられなかったことは非常に残念なことではないだろうか」と元バルサの6番は語っている。

そして、チャビは、バルサが彼にとって歴史上最高のサッカー選手であるその能力を最大限に引き出せていないと考えている。

「レオが幸せであることを確認しなければならない。幸せで充実したレオがいれば、獲得できるタイトル数も増え、物事がうまくいくからね。これまで何度も、レオがフィールド上で幸せではなく、悲しんでいるような印象を受けた。世界でも歴史上でも最高のプレーヤーを手にしているのに、彼を十分に活かせなかった」

関連リンク

  • 4/29 11:27
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます