セリエA復帰の噂も…ジョルジーニョは残留が濃厚、代理人「チェルシーへ残る」

拡大画像を見る

 チェルシーに所属するイタリア代表MFジョルジーニョは、今後もロンドンでのプレーを続ける可能性が高まっているようだ。28日付けでイタリアメディア『Football ITALIA』が伝えている。

 来シーズンに向けて、イタリア国内ではマウリツィオ・サッリ氏がローマの指揮官に就任する可能性が報じられている。それに伴い、ナポリとチェルシーで同氏と共に過ごしたジョルジーニョも、同時にイタリアへ復帰すると一部では伝えられてた。

 しかし、今回同選手の代理人を務めるホルへ・サントス氏がメディアの取材に応じた際、「ジョルジーニョはチェルシーへ残るだろう。彼はまだイングランドのクラブと2年の契約を残しており、可能な限り最高のかたちで今シーズンを終えることだけに集中しているんだ」とコメント。また「彼はチェルシーでの冒険が終わったら、セリエAに戻りたいと思っているはずだ」とも明かしたが、直近でイタリアへ復帰する可能性は低いと見られている。

 2018年にナポリからチェルシーへと移籍したジョルジーニョは今シーズン、ここまで公式戦35試合7得点の活躍を見せている。
  • 4/28 20:11
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます