有村架純、充実の2021年前半「改めて学んだ」茶道からの好影響も

拡大画像を見る

女優の有村架純が28日、都内で行なわれた伊藤園「とどけ!お茶のチカラ」お〜いお茶戦略発表会に出席した。


今年に入り、菅田将暉との主演映画『花束みたいな恋をした』が公開されたほか、放送中のドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)に出演するなど活躍中。有村は「本当にあっというまに過ぎていく」としみじみで、続けて「去年12月から入って年をまたいで撮っていた作品があって、その現場で改めて学んだことが自分の中にあった。それに気づけて本当によかったと思った。そこから、自分の中で現場やお芝居への変化があるのかな?と節々に感じる。とてもいい前半戦になったのかな」と充実の上半期を振り返った。


また、もともと興味があったという茶道を始めたという有村。「高校のときから興味はあったけど、お金もかかるし、余裕がなかった。25歳になって節目だったので、今がいいかもと思って始めました」といい、「所作を頭で覚えようとすると覚えられない。体で覚えていくと、流れるように勝手に出てくる。これはお芝居も同様で、考え過ぎると頭でっかちになって何も表現できなくなる。それが芝居と繋がるところかな。あと、何も考えない時間が必然的にできる。お茶を点てることだけを考えるので、気持ちをリセットするのにとても役立つ」と茶道からの好影響を熱弁。加えて「茶畑でお茶会をしてみたい」とほほ笑んだ。


『お〜い!お茶』の新CMでは、有村が広大な茶畑で「お〜い!」と大きな声で叫んでいる。その「お〜い!」の長さは、同商品CM史上最長の「4.32秒」となった。有村は「長かったですね」と苦笑し、「監督からは『とにかく長く』と言われて、自分の肺活量の限り、何パターンか撮らせてもらいました。今回は“届け、お茶の力”がキーワード。みなさんに届いてほしいという思いだった」と明かした。


また、“届け、お茶の力”というフレーズにかけ「どんな力を届けたいか」と聞かれると、「私はお芝居をしているので、作品を通して届けていきたい。自分のできること、現場でできることを100%常に出すことを目標にして、みなさんにお届けするのが1番の理想」とした。


関連リンク

  • 4/28 16:30
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます