女性に「悩みでもあるの?」と切り出すと喜ばれるタイミング9パターン

男女関係において、「悩み相談」は恋愛感情に繋がりやすい重要なイベントです。好きな女性のちょっとでも異変を感じたときは、誰よりも早く声をかけて悩みを受け止めて、ライバルよりも深い信頼関係を築きたいところ。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者に行ったアンケートを参考にして、「女性に『悩みでもあるの?』と切り出すと喜ばれるタイミング」をご紹介いたします。

【1】仕事中に何度もため息をついているとき
「やっぱり落ち込んでいるときに出てしまう」(10代女性)など、ため息はもっとも相手のテンションがわかりやすい行動のひとつです。「幸せが逃げるよ」などと冷やかすと相手の神経を逆なでする恐れがあるので、「どうしたの?」と理由を聞いて悩みを引き出してあげましょう。

【2】ひとりで眉間にしわを寄せながらスイーツを食べているとき
「悩んでいるときはスイーツを食べても笑顔になれない」(20代女性)と、深刻な問題を抱えているケースがあるので見逃せません。「大丈夫?」と聞くだけではなく、心が安らぐハーブティーやホットミルクを差し出して癒しを提供してあげましょう。

【3】コソコソと自己啓発本を読んでいるとき
「失恋すると手を伸ばしてしまう」(20代女性)など、女性が精神的なよりどころを求めていると推測できる行為です。まずは相手の話をたっぷりと聞いてあげてから、自己啓発本の代わりになれるように、プラス思考に導くアドバイスをしてあげましょう。

【4】メイクやヘアスタイルが明らかにいつもよりショボいとき
「悩んでいるときは外見を気にする余裕がなくなる」(10代女性)ので、ヘアメイクの完成度で女性の心模様を測ることもできそうです。恥ずかしい思いをさせないために、「今日はなんか元気なくない?」と遠回しに突っ込んで悩みを探ってみてはいかがでしょうか?

【5】甘いカクテル派の女性が、焼酎をロックで注文したとき
「悩みを忘れたいときは、強いお酒を飲むのがいちばん!」(20代女性)と、相手が「ヤケ酒」を始めたときは、「今日はグチを聞くよ」と言ってあげましょう。とことん聞き役に徹して深い信頼関係を築くことができれば、その後恋愛に発展する可能性も高まるでしょう。

【6】マジメな女性が仕事中に居眠りをしているとき
「考え事をすると夜に寝れなくなる」(20代女性)など、マジメゆえに寝不足になる女性もいるようです。普段はキビキビと働いている女性が初歩的なミスや居眠りをしているときは、一対一の状況のときに「どうかしたの?」と聞けば親切だと思ってもらえるでしょう。

【7】SNSでネガティブなことをつぶやいているとき
「悩んでいるときは無意識のうちにブログやSNSの内容が暗くなる」(20代女性)ので、放置しておくのはかわいそうです。電話やメールで深い話を聞き出そうとするよりも、まずは食事に誘ってみるなど、女性を気分転換させてあげましょう。

【8】日に日に太っていくとき
「ストレスが溜まると食べ過ぎてしまう」(10代女性)と、悩みの重さと体重が相関関係の女性もいるようです。複数の意味で手遅れになる前に、やさしく「最近どう?」と聞いてあげましょう。

【9】渾身のギャグを提供したのに、真顔でスルーされたとき
「悩みモードのときにギャグをされるとウザい」(20代女性)ということは、ギャグをしてスベッたときは女性の悩みを引き出すチャンスかもしれません。空気を読めなかったことを詫びつつ、素早く相手の話を聞く態勢に切り替えましょう。

「女性に『悩みでもあるの?』と切り出すと喜ばれるタイミング」には、ほかにどんなものがあるでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/28 13:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます