もちろんアリ♡「男友達が彼氏になる」ときのメリットって?

拡大画像を見る


友達だったはずの男性が彼氏になることもあるでしょう。しかし「友達としていい関係だったのに付き合ったらダメになるのでは?」「友達から彼氏ってありなの?」と思うこともありますね。
友達から付き合うことにハードルの高さを感じることも確かにあるものです。ただ、友達だったからこそのメリットもたくさんあります。付き合うと決めたならメリットに目を向けませんか?
今回は、友達が彼氏になるときにどんなメリットがあるのかについて紹介します。


遠慮しすぎなくていい

元々友達として付き合ってきているため、恋愛関係になったからといって遠慮しすぎることはありません。恋愛からスタートする関係よりもよっぽど気が楽だと感じることができるでしょう。
それはあなただけでなく、相手も同じです。遠慮しすぎる関係ではないので、気楽に付き合うことができ、心が安定した状態を保ちやすくなるのです。
遠慮しすぎていると、自分たちのペースでの付き合いができなくなりますね。最初から遠慮しすぎないのはメリットになります。


友達だったからこそのドキドキがいい

友達だったはずの人と手を繋いだり、デートしたり、キスをしたりするなんて、それだけでドキドキすると思いませんか?このドキドキは友達だったから味わうことができるものです。
友達でなかったとしても最初はみんなドキドキするでしょう。しかし、友達だった場合はいつまでも「友達だったのに不思議だな...」と思うことができ、ドキドキが続きやすくなるのです。
そして、ドキドキするからこそ、どんどん恋愛モードになることもできますよ!


男らしい一面が知れていい

友達のときは、男として見ていなかったために、男らしい一面を見逃している可能性が高いですよね。ましてや、男らしいところがあるなんて知らなかったと思うこともあるでしょう。
しかし、付き合っていると、いつも引っ張ってくれたり、守ってくれたりすることから「男らしいんだ!」「知らないところが知れてドキドキする...」と思うことができます。
元から知っていた人の素敵な一面を知ることができるのは、好きを高める要因になりますよね。


周りが認めてくれるのがいい

友達だった人と付き合うことになると、ビックリするのは周りです。しかし、祝福してくれるのも周りになるでしょう。
共通の友達がいるために、多くの人から「おめでとう!」と祝福されるようになります。また、皆におめでとうと言われたからには長続きしたいと思うようにもなるでしょう。
友達からカップルになると、周りの環境が良いことが多いため、付き合いやすいというメリットもありますよ。


友達が彼氏になるのはとてもいい

友達として付き合っているときは、恋愛関係になるなんて思ってもみなかったことでしょう。しかし、友達から彼氏になるのはメリットが多くあります。メリットを感じて付き合うとより素敵な関係になれるでしょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 4/28 9:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます