1960年代を再現した「西武園ゆうえんち」、5月19日にグランドオープン!

拡大画像を見る

 西武鉄道と西武園ゆうえんちは、刀と協業しリニューアルを進めている「西武園ゆうえんち」のグランドオープンを5月19日に決定した。

 新しい西武園ゆうえんちは、1960年代の商店街を再現。新しいのに懐かしい非日常のエンターテインメント体験にゲストを巻き込む、エモーショナルに揺さぶる「心あたたまる幸福感に包まれる世界」に生まれ変わるという。
 入場ゲートをくぐると活気・元気・熱気にあふれる1960年代の懐かしい景色が広がる。30もの店舗がずらりと並ぶ「夕日の丘商店街」で、360度どこを見渡してもいたるところで巻き起こる、予想もつかない圧巻のライブパフォーマンスが注目のポイント。ゲスト自身も巻き込んだイベントで、没入感を高める。独自の園内通過を導入し、商店街の住人とのインタラクションを楽しむ買い物体験までアトラクション化する。
 商店街から見上げる丘の上にそびえ立つのは、戦後に「娯楽の王様」と呼ばれた映画館。ここに、日本を代表するクリエイティブの英知を結集した、息つく暇もなくゲストを超絶大興奮の渦へと巻き込む大型ライド・アトラクションが新たに登場する。
 今回登場するのは、1954年に日本で誕生し現代にいたるまで活躍し続ける大怪獣「ゴジラ」をテーマにした世界初のライド・アトラクション「ゴジラ・ザ・大怪獣頂点決戦」。ゴジラやキングギドラたちの激闘の真っただ中に放り込まれ、突如として襲われるスリルの連続に、大興奮な体験を楽しめる。
 商店街を抜けた先には、心の底から懐かしさに没入できる遊園地のアトラクションが一新されて勢ぞろい。家族が思い切り楽しめるファミリーエリア「レッツゴー!レオランド」も新設。この他、日本を代表する漫画家の手塚治虫氏の「鉄腕アトム」や「ジャングル大帝」をはじめとしたキャラクターが登場する。
 当時を知る世代にとってはもちろん、令和に生きる世代にとって“エモい”感情を湧かせることを狙う。ニューノーマル時代になって、人と人との触れ合いの重要性を再認識した今だからこそ、強烈に人々の心を揺さぶる体験として、ゲストを思い切り巻き込み「心あたたまる幸福感」に包み込むことを目指す。

関連リンク

  • 4/27 18:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます