常にラブラブな理由はこれ!「長期交際カップルが心掛けていること」4つ

交際初期はラブラブだったものの、だんだんマンネリ化してしまうカップルも少なくないはず。一方で何年たってもずっと仲良しなカップルもいますよね。この違いは一体何なのでしょうか。
そこで今回は「長期交際カップルが心掛けていること」をご紹介します。

1. お互いの時間を設ける

「ずっと一緒にいすぎるとお互いのありがたみがなくなるし、イライラしやすくなる。なのでひとりの時間は設けるようにしています。具体的には休日だけどあえて別行動をする、同棲するなら必ず2LDK以上にするなど……。それだけでだいぶ気がラクになりますよ」(20代/食品)

▽ 四六時中一緒にいると、お互いのイヤな部分が見えてしまいがち。それに「いて当たり前」になってしまうので、感謝も減ってしまいます。
交際が長くなるほど、ふたりのちょうどいい距離感を意識しているようです。

2. 口に出して褒める

「彼がイメチェンしたら『カッコいいじゃん!』って褒めるようにしている。それだけで関係がよくなるというか。一緒にいて明るい雰囲気になりますよね」(30代/IT)

▽ 長期交際になると、つい「言わなくてもわかる」と思いがち。でもそういう些細なところから、気持ちのすれ違いは起こるものです。
「最近彼から『かわいい』って言ってもらっていないな」という人は、まず自分から彼を褒めるといいかも。そうすることで彼も褒めることに抵抗がなくなり、照れずに素直な気持ちを伝えてくれるでしょう。

3. 将来について話し合う

「彼とは交際3年で結婚しましたが、『そろそろ同棲したいね』『20代で子どもが欲しいな』など、頻繁に将来について話し合っていました。そのおかげであまり不安にならず、無事ゴールインできました」(20代/主婦)

▽ 仲良しカップルは、定期的に将来について話し合っているもの。そうすると同棲や結婚に向けて準備など、次々状況が変化するのでマンネリになっている暇もないみたい。考えがすれ違うことなく、いいタイミングで結婚にたどり着けそうですね。

4. イベントを大切にする

「元カレは記念日に興味がないタイプだったので、3年付き合ったけれど正直物足りなくて。だけど今カレは交際記念日や誕生日などを大事にしてくれる人なんです。そのおかげか、あらためて『彼と一緒にいられて幸せだな』って思えますね」(20代/教育)

▽ 「イベントって面倒くさい」と思う人もいるでしょうが、初心の気持ちを思い出すためにも、定期的にお祝いをするのは大事かも。お互いを思いながらプレゼントを選んだり、オシャレをしてデートをすることで、楽しみながら交際を続けることができます。
それに多少の贅沢があるからこそ、「また明日からも頑張ろう!」と思えるものです。誕生日やクリスマスくらいは、ふたりでゆっくりデートしてもよさそうですね。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/26 21:28
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます