藤原しおり(ブルゾンちえみ)、引退後の収入事情は?ビジュアルの変化にも反響

【モデルプレス=2021/04/26】ブルゾンちえみの芸名でお笑いタレントとして活動以降、昨年3月に芸能界を引退し本名に改名した藤原しおりが25日、日本テレビ系バラエティー番組「行列のできる法律相談所20年目突入SP!」(よる7時~)に出演。芸人引退後初のテレビ出演となった。

◆藤原しおり、芸人引退後初テレビ出演

藤原は引退後、イタリア留学を目指していたがコロナの影響で延期。現在は雑誌で連載、ラシオ出演といったタレントとしての仕事のほか、SNS、YouTubeも更新している。

VTRでこの1年どんな生活をしていたか聞かれた藤原は「最近はめざましをかけずに朝日で起きてますし、家の中では焚き火の音をかけたり滝の音を流したり、心を穏やかに過ごして、あとはパン作ったり」と丁寧な暮らしをしていると近況を報告。現在の収入について問われると「これが一番したいことなんでこれを堪能したら『よし始めようか』ってなると思う。もう少し(パンを)こねてられそうなんで」と貯蓄と現在の仕事で今のところは問題ないと明かした。

さらに、1年ぶりにスタジオにも登場。「スリムになりましたよね」と言われると喜び、「透き通ってる感出てませんか?大分1年間で毒抜いてきたんですけど」と胸を張ったが司会の明石家さんまからは「まだ抜けてないな~」と突っ込まれ、スタジオは笑いに包まれた。

◆藤原しおり、1年間の変化明かす

VTR中、早口が染み付いているさんま、東野幸治、フットボールアワー後藤輝基に「急ぎすぎ、ゆっくり喋ってみると意外と心地よいよ」とアドバイスする一幕もあったが、後藤は「大分ゆっくりになってるもんな」と驚きの反応を示し、藤原は「1年自分の好きなペースで生きてたら素がこうなりました」と変化を説明。

東野からは宮迫博之、渡部建などが抜けたスタジオに「戻ってきて!」と請われたが、「(今日は)20年目ということでちょっと遊びに」と微笑んでかわしていた。

ネット上でも視聴者から「さらに痩せて綺麗になっていた」「雰囲気ちょっと変わった」「最高の生活してる」など反響が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 4/26 16:28
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます