サーティワン「小倉トースト」味が本物超えた 「香ばしさと焦げ」に秘密あり

【J子が行く】J-CASTトレンド記者「J子」とその同僚たちが、体を張って「やってみた、食べてみた、行ってみた」をリポートします。

焼きたてのトーストに、あま~い小倉あん。そこにお好みでバターをのっけた「小倉トースト」! 1食で満腹になるほどボリュームたっぷりで、名古屋メシの1つとして有名だ。

学生時代に名古屋に住んでいた私「J山(じぇいやま)」も、小倉トーストは飽きるほど食べた。

と言いたいところだが、実はそんなに食べたことがない。コメダには学校よりも頻繁に通っていたのに(冗談です)。

名古屋を離れて5年目の春。すっかり東京に魂を売ったJ山のもとに、耳を疑うような情報が入ってきた。

サーティワンアイスクリームが「小倉トースト」の味を実現しました。

人生2度目のサーティワンに行ってきた

J山の記憶が正しければ小倉トーストって、あったか~いパンのはず。あれがひんやりアイスになるなんて...。

香ばしいトーストの味は?バターのトロトロは?いったいどうやって再現しているのか。大変失礼だが、あずきの味がするだけというオチではないだろうか。

これは食べてみるしかない!J山は、サーティワンに向かった。

土曜日の昼過ぎ、子連れ客でにぎわうショッピングモールのフードコートの一角に、店はあった。店頭でさっそく目に飛び込んできたのは「小倉トースト」をはじめとした「喫茶フレーバーズ」のパネルだ。こうしてみると、他のフレーバーも気になってくる。ああ、できることなら全部食べたい(もう少し若ければ...)。

実はJ山、サーティワンに来るのは人生2度目くらいの超絶初心者。前回はいつ行ったのか記憶にない。上手に注文できるかな...?

店員「いらっしゃいm」
J山「小倉トーストください!」
店員「...はい。小倉トーストフレーバーですね。アイスのサイズをお選びください」
J山「あっ...(いろいろあるのか)。普通のやつで」
店員「かしこまりました~。入れ物をカップ・シュガーコーン・ワッフルコーンからお選びください」
J山「あっ...(これもいろいろあるのか)。カップでお願いします」

店員さん、「こいつ初心者やな」と思ったかな。本当はコーンが食べたかったが、撮影中に溶けてしまうことを予想してカップを注文した(ちょっと残念)。

これがレギュラーサイズの小倉トーストフレーバーだ!

薄紫とベージュのアイスに、あずきが点々と混ざっている。パネルで見たとおり、見た目はたしかに「小倉トースト」だ。

さて、肝心のお味は...?

J山「(パクッ)これは......小倉トーストだっっっ.........」

口の中に広がるバター。

めっちゃバター。

大納言あずきとトースト風味のアイスをバターが優しく包み込み、総じて小倉トーストを演出している。アイスなのに香ばしいトースト味、という矛盾に近い難問をクリアしているのも見事だ。ごろごろとしたあずきも歯ごたえがあって良い。

J山「名古屋の友達、元気かなあ」

なぜか、名古屋にいた頃の懐かしき日々が脳裏によみがえる。小倉トーストなんてほとんど食べたことないのに...。

ひとり、フードコートで涙にくれるJ山。名古屋に思いを馳せながら。でも、おいしい。

黙々と食べ進めるJ山。

小倉トーストフレーバーだけに、コーヒーが欲しくなる味だ。

「バターに○○を加えました」

それにしても、どうやって「小倉トースト」を忠実に再現したのだろう?

B-Rサーティワンアイスクリーム(東京都品川区)に電話取材を申し込み、マーケティング部の御園生久美(みそのう・くみ)さんに疑問をぶつけた。なお、会話は名古屋弁ではなかった。

J山「どうやって『小倉トースト』の味を再現したんですか」

御園生さん「小倉トーストは、焼いたトーストに小倉あんをのせてますよね。その『香ばしさ』や『焦げ』を意識して、そこが強くでるように開発しました。トースト風味のアイスって、他にはないと思います」

J山「たしかに初めて食べました。バターの風味もすごかったです!」

御園生さん「はい、バター風味リボンというソースが入っています。ただ、バターって普通に食べるとちょっとしつこいですよね。甘いアイスクリームに合うように、少し『塩』を加えてコクのあるバター風味リボンを作りました」

J山「なるほど。アイスと合わせる工夫ですね」

御園生さん「味だけでなく、香りも再現しています。渡された瞬間からトーストの匂いがするんですよ」
J山「公式サイトにも『開発時の試食では満場一致で"小倉トーストだ!"となりました』とありましたね」

御園生さん「そうです!これはどの人が食べても、誰が食べても『うわっ!小倉トースト!』ってなるんですよ。おおっ、これは小倉トースト!みたいな。私も驚きました」

J山「(楽しそう...)それはすごいですね!」

御園生さん「驚きの再現度なので、ぜひみなさんに食べてほしいです。6月末までの限定販売なので、今を逃すともう一生食べられないかもしれません」

J山「い、一生!?」

...ということだ。食べてみたい!と思った人は、急いで近くのサーティワンに走ってほしい。<J-CASTトレンド>

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/26 12:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます