これされたら不安に思え!好きな人が見せる危うい仕草

拡大画像を見る


人は恋人関係を終わりにしたくてもなかなか口に出せない人もいます。しかし、どんなに口に出せなくても行動や仕草には現れてしまうもの。ここではそんな人が終わらせたいと思っているときに見せる危うい仕草をご紹介します。思い当たることがあれば注意が必要です!


デートの回数が減る

約束していたデートをドタキャンされたり、あきらかにデートの回数が減ってきていたら注意が必要です。人は誰でも好きな人とは出来る限り一緒にいたいものですよね。会うことを避けているようであれば、終わりを考えているもかもしれません。思い当たることがあれば、この機会に直接話し合ってみるのもいいかもしれませんね。


冷たくなる

やっと会えたデートでもなんとなく冷たくて、触れてこない・・・そんなことはありませんか?好き同士のデートなら会えて嬉しいし、たくさん触れたくなるものですよね。それがなくなるのは、心で別れを考えているからの可能性があります。ただ、別れ話をしてきてないのならまだ迷っているのかも。しっかり二人で話し合う時間を設けて、正直な気持ちを聞き合うのも大事かもしれません。


嘘をつくようになる

他に好きな人ができた・遊びたくなったなど、自分本位な別れを考えている場合によく現れるのが「嘘をつく」です。本当に相手のことを考えた別れなら嘘をつく必要はありません。お互い気持ちを聞き合うことで改善できることがあるかもしれないからです。そのため自分本位の別れになると面倒なことを避けるためにも嘘をつくようになるのです。


一緒にいるときも携帯

別れを考えているひとによくありがちなのが一緒にいるのに携帯をいじる行動です。それは彼女に興味がなくなり、一緒にいる時間を大切にしようと思えなくなっている証です。携帯ばかりじゃなくて出かけようよなど声をかけても濁したり、断られたりするようであれば関係を終わらせようとしているサインかもしれません。
いかがでしょうか。別れを考えているかも、と考えるだけで辛いですが話し合うことでいい方向に進める可能性もまだあります。当てはまることがないか、彼の行動を思い返してみましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 4/26 12:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます