関ジャニ∞大倉忠義、脱退説に言及 横山裕らの反応も明かす

【モデルプレス=2021/04/26】関ジャニ∞の大倉忠義が、25日放送の日本テレビ系バラエティー番組『おしゃれイズム』(毎週日曜よる10時~)に出演。ジャニーズ入所の意外なきっかけや脱退説について明かした。

◆大倉忠義、横山裕に本当に脱退すると思われていた

結成20年も迫る関ジャニ∞だが、脱退については「『やめるなよ』『ないよね』って確認はあった」と大倉。大倉本人は「ずっとグループでやっていくつもりなんですけど」と話すが、大倉が脱退するという噂の書かれた記事が出たことも。

「記事って勝手に出るんですよね…」と首をかしげつつも、記事があまりにもリアルだったためか、横山裕らもテレビカメラが回っているときにしかその話題に触れて来ず、普段の会話でいじったりできないほど「ほんまに思われてるんだな、って」と戸惑ったことを明かした。

◆ジャニーズ入所のきっかけは、好きな女の子

またジャニーズ事務所に自分で履歴書を送ったことがきっかけで、関ジャニ∞としてデビューすることになった大倉。しかしもともとは、ジャニーズについても「その存在を知らなかった」のだという。

しかし、小学校4年生の頃、好きだった女の子がV6の森田剛のファンだったことから「『どんなもんじゃい!』って感じで」と嫉妬混じりに雑誌などで森田をチェックするようになった大倉。すると「見てるたびに、自分が『かっこいいなぁ』って」とどんどん森田のファンに。

さらに親戚などからのすすめもあり、履歴書を送ることになったのだそう。しかし、オーディションの連絡が来たのはなんとそれから2年後と、すっかり落ちたと思っているタイミングだったことも明かされた。

◆ジャニーさんとの思い出「You、つまらないね」

キラキラしたダンスと歌の世界に入ったつもりが「気づいたらバラエティ多いな」と、大阪出身の関ジャニ∞ならではの特徴についても触れた大倉。

故・ジャニー喜多川氏の「大阪だから笑い取らなきゃ」という方向性があったからだというが、「『本当にYouつまんないです』って言われてました」と懐かしそうに振り返った。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 4/26 10:16
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます