新田真剣佑「人妻・隠し子・略奪愛」佐藤健も驚愕!?ハリウッド級女性遍歴!!

拡大画像を見る

 今春で所属する芸能事務所トップコートを退社し、海外に本格進出する新田真剣佑(24)。そんな新田の熱愛を21日付けの『NEWSポストセブン』が報じた。

 記事によれば、お相手は今年31歳になる元有名子役のA子さん。2人は2年前から交際を始め、今年に入ってから都内の高級マンションで同棲生活をスタートさせたという。

 勢いに乗っている新田のこと、浮いた話の1つや2つあってもおかしくはない。しかし、このたびの報道でファンを驚かせたのは交際に至るまでの“いきさつ”だ。

「2人が出会ったのは18年の秋。当時、有名スタイリストの夫がいたA子さんは、同行していた夫の仕事場で新田と出会ったそうです。初対面で強く惹かれるものがあったのか、その後、A子さんは共通の知人を介して新田の連絡先を入手し、2人の交流がスタート。間もなくA子さんは夫と離婚したそうですが、記事のとおり離婚前にモーションをかけたとなれば、A子さんは相当なやり手のように思えます。もし新田も既婚者であることを知っていたならば、印象が変わってきますし……別れた夫からしてみれば≪妻を奪われた≫と感じてもおかしくありませんね」(女性誌記者)

■新田真剣佑、14歳で37歳の人妻と……

 世界的アクションスターの千葉真一(82)を父に持ち、アメリカ・ロサンゼルス育ちの帰国子女でもある新田は、その女性遍歴も“ハリウッド級”だ。新田は14歳のとき、両親の友人で当時37歳のロサンゼルス在住の日本人女性と関係を持ち、子どもをもうけている。

「2人の年齢差にも驚きですが、相手女性には夫がおり、れっきとした人妻でもありました。これに激怒した千葉は、未成年に対するわいせつ行為だとして、相手女性に対して2013年10月に裁判を起こしています。2016年7月に日本でもこの“隠し子”の一件が報じられたのですが、当時はまだ売り出し中で今ほどの知名度がなかったことや、≪彼はむしろ被害者ではないか≫という声もあり、日本での活動に大きな支障は出ませんでした。その後の活躍ぶりは周知のとおりです。

 先日発売の『女性自身』(光文社)が、5月からハリウッドで撮影予定の日本の超漫画実写化映画の主演クラスに新田が内定していると報じました。ネイティブ並みの英語力や父譲りのアクションスキルが評価され、ギャラは億を超えているとか。現在、アメリカで母親と暮らしているとされる新田の子どもは10歳ごろと想定されますが、ハリウッド進出を決めた父親の動向は当然気になるでしょうね。現地での“親子再会”は実現するのでしょうか」(前出の記者)

■佐藤健、新田真剣佑の才能をべた褒め

 これから世界へと羽ばたく新田の日本における最後の大仕事といえば、23日公開の『るろうに検心 最終章 The Final』だ。新田は物語のキーパーソンとなるシリーズ最後にして最強の敵・縁(えにし)を演じており、主演を務める緋村剣心役の佐藤健(32)も、その存在感と役における説得力をべた褒めしている。

「『るろ剣』はコロナの影響による公開延期や出演者の逮捕などいろいろな憂き目にあってきました。ようやくこぎつけた公開2日前の新田のスキャンダルには、佐藤も“今度はなんだ?”と多少驚いたかもしれませんね(笑)。しかし、本作の見せ場はなんといっても2人の苛烈なアクションシーン。特に新田は日本映画でしばらく見られなくなる可能性が高いので、ファンならずとも必見の一作であることは間違いないでしょう!」(前同)

 恋愛も仕事も“規格外”の新田。日本にはおさまりきらない男のさらなる活躍に期待したい。

関連リンク

  • 4/26 6:55
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5

記事の無断転載を禁じます