期待してもいい?告白を決意した男性が起こす3つのサインって?

拡大画像を見る

告白するには、「今なら失敗しないかも!」と思うときと、「今告白しないと後悔する」の2種類に分けられます。
どちらにしても、男性が告白を決意すると、明らかに変化することがあります。
男性が告白を決意したときに起こす、3つのサインについて見ていきましょう。


他の男性にとられてしまうと思ったとき

モテる女性を好きになってしまった場合、他の男性にとられてしまう危険があります。告白しようか迷っている間に、他の男性が告白するような噂を聞いたら、今すぐ動かないと!となるようです。
どうしても告白してほしい男性がいる場合、他の男性に言い寄られていることをアピールしてもいいかもしれません。
男性の闘争心をあおって、告白させるコツでもあるので、活用してみる価値アリです。


振られるリスクを回避する行動

どんなに勇気のある男性でも、男性の本音は、「告白するなら振られないようにする」ことを考えます。
「そんなことを考えないで告白してよ!」と思うところですが、男性でも好きな人に振られるのは避けたいところなんですね。特にプライドの高い男性は、振られるリスクは少しでも避けたいと思っている可能性大!
そのため、なかなか告白しない男性は、振られるリスクを回避しようとして、情報集めに走ることがほとんどです。
気になる振られるリスクを回避する行動に出ているときは、あなたの情報を手に入れようとすることも。もし自分のことをリサーチされているのであれば、告白されるサインと考えてよいでしょう。


好きな人がいるのか聞いてくる

告白をしようと考えたら、相手に好きな人がいるのか気になってしまうのが恋心。そして告白を成功させようとしたら、自分のことを気になってもらうことが第一優先。
そのため、告白しようとしてくる人に、直接「好きな人いるの?」と聞いてくる男性もいます。
好きな人がいるのか聞いて、自分だと確証をもったうえで告白したい!そう思っているのです。
もし好きな人がいるのか聞かれたら、告白してくるサインの可能性大!「あなたのことが気になってます」とさりげないアピールで、告白してもらいましょう。


告白を決意するまでは男女一緒の気持ち

男だから男らしくどっしりと告白するというよりも、やはり振られるのが怖いと思っているのが正直な気持ち。本当に俺のこと気になってるのかな......と不安でいっぱいなのです。
もし告白を決意した男性は、あの手この手で気持ちを探ってこようとします。もし気持ちを探られるようなことがあれば、告白をしようと思っているサイン。ぜひ告白しやすい雰囲気を作ってあげて、ドキドキの瞬間を待ってみましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 4/25 21:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます