【香港・チェアマンズスプリントプライズ結果】ウェリントンが差し切りV 日本のダノンスマッシュは6着

拡大画像を見る

 25日、香港・シャティン競馬場で行われたチェアマンズスプリントプライズ(3歳上・GI・芝1200m)は、中団の前でレースを進めたA.バデル騎手騎乗の2番人気ウェリントン(セ4、香港・R.ギブソン厩舎)が、直線で外に出して突き抜け優勝した。勝ちタイムは1分08秒64。

 2着は際どい争いとなったが、逃げた6番人気コンピューターパッチ(牡4、香港・A.クルーズ厩舎)が粘った。3着は9番人気スカイフィールド(セ4、香港・C.ファウンズ厩舎)。

 1番人気に支持された日本のダノンスマッシュ(牡6、栗東・安田隆行厩舎)は、中団でレースを進めるも直線で伸びを欠いて6着という結果となった。

 勝ったウェリントンは、父All Too Hard、母Mihiri、その父More Than Readyという血統。前哨戦の香港スプリントカップでは1番人気に支持されるも5着と敗れていたが、見事巻き返してのGI制覇を果たした。

関連リンク

  • 4/25 15:56
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます