友達の相談に「私、間違ったアドバイスをしちゃった!?」と思った瞬間

悩み相談を受けることは光栄なのですが、アドバイスの仕方に迷ってしまうことがありますよね。「よかれ」と思って言った言葉が、逆に相手を傷つけてしまったり怒らせてしまったり……。
「相手のためにどうにかしたい」という気持ちが空回りしてしまった経験は、誰しもが一度はあるはず。そこで今回は「私、間違ったアドバイスをしちゃった!?」と思った瞬間をご紹介したいと思います。

ワザとふざけたらキレられた

「『いろいろツラいことが多くて……』と言って、ずっとため息をついている友達に元気になってほしくて、モノマネをしたり変顔をしていたら『真面目に聞きなよ!』と言ってキレられてしまいました……」(20代/学生)

▽ 悩みをじっくり聞いてほしいのか、悩みを笑い飛ばしてほしいのか、相手がどちらのパターンを求めているのかを察知するのはなかなか難しいですよね。怒られてしまったときは、素直に謝ることも大切。

他人事に思われていると勘違いされた

「同僚に転職しようか迷っていることを相談されたので、『人生は一度きりなんだから、好きなことしたほうがいいよ』とアドバイスしたところ、『他人事だと思って軽く言ってるでしょ?』と返されてしまい、悲しかったです」(30代/金融)

▽ 決して他人事だと思っているわけではないのですが、相手にそう受け取られてしまうのは悲しいことですよね。アドバイスが間違っていたということではなく、相手が求めていた答えとは違ったのかもしれません。

上から目線だと言われてしまった

「彼氏ができないことを悩む女友達に、『合コンに行ってみたら?』『習い事を始めてみたら?』とアドバイスしたら、『彼氏がいるからって上から目線だね~』と言われてしまった」(20代/歯科助手)

▽ 彼氏がいることを知っていて悩み相談をしてきたにも関わらず、「上から目線」と言われてしまうのは少し納得いかないですよね。この場合、何を言っても相手に届かないかもしれません。

最終的にケンカ

「私のアドバイスに納得のいかなかった友達と口論に。しかし、最終的に友達が『私は自分の思うようにする!』とスッキリした顔で言っていたので、これはこれでよかったと思っている」(20代/飲食)

▽ 誰かと話すことで、自分の考えがまとまることもあるもの。口論は別として、お友達が自分自身で答えを見つけられたということであれば、決して間違ってはいないはず。結果オーライです!

まとめ

いかがでしたか? 悩み相談へのアドバイスは本当に難しいですよね。自分の気持ちが相手に間違って伝わってしまったときなどは、ひどく落ち込んでしまうもの。もし、自分の一言で気まずい空気が流れてしまったときは「ごめんね」と一言謝ることも必要です。無理にアドバイスをしなくても、「聞く」だけで、相手の心が充分に満たされることもありますよ。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/25 2:28
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます