愛と束縛は違う?!【独占欲が強すぎる男性】の見分け方

拡大画像を見る


独占欲が強い男性と付き合うと、束縛されているような感覚に窮屈さを覚えることがあるかもしれませんね。愛情と束縛は似ているようで違うといわれていますが、見分け方は難しいところです。そこで今回は、独占欲が強すぎる男性をどのように見分けるのかについてご紹介していきます。


寂しがりで1人で過ごすのが苦手

寂しがり屋の男性は、彼女とずっと一緒に過ごしたいと思っていることが大半です。彼女との時間を過ごせるのは自分だけでいいと思っているタイプの男性も多いでしょう。このように寂しがり屋の男性はその寂しさを彼女で満たそうとするため、嫉妬心や独占欲も強くなってしまうのですね。


ひとつの物事に対する執着心が強い

ひとつの物事に対する執着心が強い男性は、彼女に対する執着心もおのずと強くなるでしょう。たとえば過去のケンカの内容にずっと執着しているような男性であれば、彼女の友人関係や恋愛遍歴にも執着する可能性がありそうです。根本にある「彼女は自分だけのもの」というこだわりが、独占欲につながるのかもしれません。


ほかの男性の存在を感じると聞いてくる

彼女のまわりにちょっとでも男性の影を感じると、根掘り葉掘り聞いてくるような男性は独占欲が強いといえます。「あの写真に写っていた人は誰?」だったり「仕事場には男の人はいるの?」といった質問だったり。彼女の周囲のありとあらゆる男性が気になって仕方がないのでしょう。


嫉妬すると機嫌が悪くなる

独占欲が強い男性は、自然と嫉妬心も強くなる傾向にあります。ですのでちょっとしたやきもちを妬くと、急に機嫌が悪くなるなんてこともあるようです。もし彼が嫉妬心が強めのタイプなら、独占欲も強い可能性が高いでしょう。
【独占欲が強すぎる男性】の見分け方についてご紹介しました。彼に当てはまるものがあれば、もしかしたら独占欲が強すぎるという可能性もありそうですね。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 4/25 5:45
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます