【オアシスS結果】タガノビューティーが人気に応えて差し切りV

拡大画像を見る

 24日、東京競馬場で行われたオアシスS(4歳上・L・ダ1600m)は、道中は後方に構えた石橋脩騎手騎乗の1番人気タガノビューティー(牡4、栗東・西園正都厩舎)が、直線で一気に脚を伸ばして差し切り、2着の2番人気ブルベアイリーデ(牡5、栗東・杉山晴紀厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分35秒2(良)。

 さらにハナ差の3着に3番人気ヘリオス(セ5、栗東・寺島良厩舎)が入った。

 勝ったタガノビューティーは、父ヘニーヒューズ、母スペシャルディナー、その父スペシャルウィークという血統。これで通算成績は15戦5勝となった。

関連リンク

  • 4/24 15:59
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます