彼がいい♡「恋に落ちる時」に欠かすことができない意外な要因4つとは?

拡大画像を見る

 人が人を好きになること対して、理屈では説明することができませんよね。好きだという気持ちで舞い上がってしまうので、言葉にして、1から10まで説明しようとしてもなかなかできることではありません。 口では説明しずらいかもしれませんが、心理的な状況を見ていくと、恋に落ちるうえで欠かすことのできない要因というものは分かっていくことができるのではないでしょうか。 今回は、恋に落ちてしまううえで欠かすことができない意外な要因について、ご紹介します。  


その人の匂い

付き合うのであれば、絶対にイケメンが良いという方も多くいますが、見た目だけではなかなか恋に落ちるものではありません。見た目だけで相手のことを好きになったり、結婚したいと考えるのであれば、もう少し考え方を変えましょう。 見た目と同じくらいか、もしくは見た目以上に大事なものは、相手の匂いです。見た目が良くても相手の匂いが生理的に無理なのであれば、付き合っていくことは厳しいですよね。近づいた時に好みな匂いだと本能的に感じると、恋に落ちていることと同じです。 人が人を好きになることは、理性的な部分ももちろんありますが、本能的で動物的な部分も必ずあります。本能的な感覚で、自分と相手の相性を探っているのかもしれません。相手の匂いにも注目してみてください。 


興味を持つかどうか

恋愛に長るための第一歩は、相手に興味や関心を持っているかどうかです。何も興味や関心が湧いてこない相手には、そもそも関わろうとしませんよね。相手のことをもっと知りたい、もっと探りたいと考えているのであれば、恋の始まりを迎えようとしています。 恋愛関係になるには、相手に飽きられてしまってはいけません。相手との距離を縮めていきながらも、どこかミステリアスな雰囲気を持っていて、知っていけばいくほど、興味が湧いてくるような相手は、飽きもしないので、恋に落ちてしまいます。 関わり始めて、相手に興味を持たれたからと言って自分の情報を全部出してしまうと、飽きも早くなり、良くて友達止まりになってしまうので、自分の情報は徐々に出していきましょう。 


似たような部分があるかどうか

自分とは正反対の人に惹かれるという言葉を、聞いたこともあるかもしれませんが、恋に恋をしている未熟な時期だからこそ起きてしまうことです。 本当の恋愛は自分とどこか似ていて、一緒にいても違和感がなく、安心感を感じるような相手が、本当に恋愛対象になっている男性となります。 


精神的な安心感

恋愛と言っても、ただ一緒にデートして思い出を作っていく関係が付き合っているということではありません。 恋愛によって誰しもが持っているはずの不安な気持ちや、寂しさを満たしてくれる相手を、本能的に求めています。精神的に満たしてくれる相手じゃないと、どれだけ仲が良くても、気持ちが満たされないのでいずれ別れてしまいます。 


まとめ 

恋愛というものは自分一人でできることではないからこそ、難しいですよね。常に自分と相手の気持ちは変わっていくので、相手が自分に何を求めているのか考えて、求められるような女性になることを意識しましょう。 (ハウコレ編集部) 

関連リンク

  • 4/24 11:45
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます