始めるのは今じゃない!「恋愛を休んだほうがいい時期」っていつ?

拡大画像を見る

 恋愛は誰でもできて、相手の性格も大事になりますが、自分自身が恋愛に取り掛かるタイミングも大事です。恋自体がダメになりそうなタイミングで恋愛を始めたとしても、高い確率で上手くいかないことがほとんどなのではないでしょうか。 タイミングがあってないと感じたら、無理に恋愛をしようとは考えずに、自分が今するべきことに集中すると、物事がうまくいくことも多いようです。 今回は、恋愛を休んだほうが良い時期について、ご紹介していきます。 


失恋してすぐ

失恋してすぐの時期は、メンタルや心が終わっているため、判断能力も落ちており、自尊心も低くなっています。メンタルが傾いてしまっているときは、普段であれば絶対に好きにならないようなダメ男のことも魅力的に見えてしまうので、引っ掛かってしまうようです。 ダメ男と付き合っても、いい男になる確率は少ないので、結局はまた別れてしまうということを繰り返してしまいます。メンタルが正常に戻るまでは、ある程度恋愛をお休みして、距離を取るようにしておきましょう。 失恋の傷を、新しい恋愛で埋めようとしても、最後にはうまくいきません。自分の好きな映画をひたすらダラダラ見るだけでもいいし、友達と憂さ晴らしに飲みに行ってもいいです。自分が元気になったと自覚してから、新しい恋を初めてください。 


お金や時間に余裕がない

お金や時間に余裕がなくなってしまうと、心の余裕もなくなってしまうので、そんなときに恋をしたとしても、上手くいくはずがありません。相手のことも傷つけてしまい、自分も傷ついてしまうような付き合い方になってしまいます。 プライベートも仕事も満足してないときは、他の何かにすがりつきたくなってしまいますが、そんなときに恋をしても、現実逃避をしているだけで、簡単に壊れてしまいます。  心に余裕がないと、自己中心的な考えになってしまい、問題が起きても、正面から向き合うことができないという状況になってしまうので、余裕がなくなっているときに恋をしても、将来を考えられないため、余裕ができるまでは恋を休みましょう。 


色々なことが停滞しているとき

物事がうまく回っているときは、何をしてもうまくいくので、恋愛に関しても、とんとん拍子に決まることはあります。  何をしてもうまくいかない場合は、ストレスも溜まってしまい、当たってしまうかもしれないので、恋を休みましょう。「忙しいからまた来月まで待って」と言えさえすれば相手も信じてくれるはずです。 


気力がない

何に対しても気力が出ないという時期を経験したことのある方も多いでしょう。仕事にも気力が出ずに、外にも出たくないというときは、無理に会ってしまうと、嫌な気持ちになるかもしれないので、会わなくて正解です。 何もしたくないと心が言っているのに、無理矢理動いてしまうと、いつも以上に疲れてしまい、気遣いもできなくなってしまうので、彼には見せたくない姿を見せてしまうため、会わないほうがいいようです。 


まとめ

自分の魅力が減っている時は、誰であっても見られたくないですよね。魅力的な自分を見てほしいのであれば、元に戻るまで恋愛はお休みしておきましょう。 (ハウコレ編集部) 

関連リンク

  • 4/24 9:45
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます