華原朋美「暴行疑惑トラブル」が招く最悪事態!徹底抗戦なら「引退」も…!?

拡大画像を見る

 歌手の華原朋美(46)が暴行トラブルに巻き込まれたと報じられ、大きな衝撃が走った。

 4月16日、華原の腕をつかんだり、肩を押したりしたとして、警視庁大崎署は暴行の疑いで東京都江東区の自称会社員の男(32)を現行犯逮捕。逮捕された男は光文社の記者で、華原への取材中にトラブルに発展したという。

 華原がタクシーに乗車中、男が乗った別のタクシーが30分以上も追ってくることに気づき、品川区内で停車。近くに止まった男のタクシーに華原が乗り込み問い詰めたところ、暴行を受けたという。

 華原にケガはなく、男については「ストーカー」だと話しているというが、一方の逮捕された男は「身に覚えがない」と容疑を否認している。

 4月18日、華原は自身のツイッターを更新して「実は3週間前から今回逮捕された犯人が私と息子をストーカーしてる事に恐怖を感じてました」と告白。「息子に何かあったら取り返しのつかない事になるので勇気を持って私から犯人を捕まえ110番しました」と説明。

 さらに、つかまれた左腕については「しびれが止まりません」とし「全身を使って犯人を捕まえたので相当の体力を使ったと思います。熱も出てしまい病院に行きました」とつづった。

 しかし、4月20日までに、華原が事件に関するツイートを削除していたことが明らかになったのだ。

■華原がツイートを削除したワケ

「実は現在、かなり深刻な状況になっているそうなんです。というのも、華原さんサイドと捕まった記者サイドとで、言い分が真っ向から対立しているといいます。ちなみに逮捕されたのは、光文社に務めて半年ぐらいの若手記者だということです。

 その記者は、48時間以上も拘束されたそうなんです。通常、警察は被疑者を拘束したときから48時間以内に、犯罪を立証する書類や証拠をそろえ、検察官に送致(送検)しなければならないんですが……」(ワイドショー関係者)

 48時間以上拘束されたということは、記者は容疑をきっぱりと否認したと考えられる。

「記者は“暴力は振るっていない”、“ストーカー行為はしていない”と主張しているそうです。警察もストーカー行為については“なかった”と認識しているといいますね。記者は、今後も“暴力は振るっていない”と主張を曲げるつもりはないと聞こえてきています。

 一方の華原ですが、事件に関するツイートを削除したのは、万が一、真実ではない内容をツイートしていたとなった場合、虚偽告訴罪などに問われる可能性があるからだと言われています。暴行がなかった場合、そうした行為をされていなかったにもかかわらず、“あった”と主張し、警察を呼んで逮捕させていた、ということになってしまうわけですからね」(前同)

■記者サイドは名誉にかけても引かない

 警察への報告、そしてツイートがウソだということになった場合は、華原にとって極めてよろしくない事態になるだろう。

「記者、そして光文社サイドは名誉にかけても引く気はないようです。つまり、なんとか和解に至らなければ、かなりの大事になり、法廷闘争となる可能性もあるのでしょう。

 昨年、華原さんが事務所を退社したときも相当大変な事態だったといいますが、それ以上の展開になるかもしれません。最悪、華原さんが芸能界を引退……なんてことも考えられます」(前出のワイドショー関係者)

 華原は長年所属していた大手芸能事務所を2020年8月末に退社している。

「前事務所の意向もあり、華原さんは2018年にSNSを閉鎖したんです。それは事務所が当時“マズい状態”になった華原さんを心配したため。しかし、それに不満を募らせた華原さんは“SNSをやりたい”と申し出た。そうした部分で考え方に食い違いが生じ、昨年8月での契約解除となったといいます。

 その後、華原さんは高嶋ちさ子さん(52)に紹介されたベビーシッターに息子が虐待を受けていると、週刊誌の取材で主張したかと思えば、その後、YouTubeで虐待を否定し、高嶋さんに謝罪するなど、たびたび騒動を起こしていますよね」(前同)

■『アウト×デラックス』での暴露も話題に

 華原は4月1日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演。小室哲哉氏(62)との関係を暴露し、大いに話題を呼んだ。

 華原は1995年9月に小室プロデュースのシングル『keep yourself alive』でデビューを果たしたが、この時点で小室氏と交際していたといい、その後4年ほど関係が続いたと言われている。

『アウト×デラックス』では、MCのマツコ・デラックス(48)が「昔のやつがいいよね、小室さんのやつってね」と楽曲について話すと、華原は「そうなんですよ。捨てられる前の曲がすごくいいんですよ」と反応し、1996年のヒット曲『I'm proud』が話題に上がると「絶頂の愛を感じていました」とコメント。

 さらに小室氏の楽曲が「段々雑になっていく。別れが近づくにつれて段々雑になっていく。もう本当に聞いてらんない」と話し、「スタジオにも来ないし、電話も出ないし、どこにいるのかさっぱりわからないんですよ。結局、いつ別れたんだろうっていう感じで」と、別れ話に触れる場面もあった。

■小室氏の抗議の直後のラジオでも……

「実は『アウト×デラックス』でのトーク内容について、小室氏は弁護士を通じて、華原さんに抗議を行ったといいます。抗議したうえで、華原さんに今後、小室氏のことを話さないよう申し入れたそうです」(芸能プロ関係者)

 しかし、華原は4月21日放送のラジオ番組『TOKYO SPEAKEASY』(TOKYO FM)でも、再び小室氏について言及。

 globeの大ヒット曲『DEPARTURES』について、華原は「あのときも(小室氏と)ケンカをしていて、突然家にやってきて“これが僕の気持ち”と渡して、その後、『ミュージックステーション』に出るからと言って出かけて。1人になって聞いたら涙がボロボロ出て。仲直りしました」と振り返った。

 また、華原は小室氏にフェラーリをプレゼントしたものの「1回しか乗ってもらえず、その後、人に売っちゃいました」とも告白したのだ。

「弁護士を通じて抗議があったのに、すぐにラジオで小室氏について言及したり、周囲の人たちも華原さんの言動を制御できない状態なのかもしれないですね……」(前同)

 はたして、華原の暴行事件はどのような結末を迎えるのだろうか――。

関連リンク

  • 4/24 7:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます