幸せなのに不安...!【マリッジブルー】を乗り越える方法って?

拡大画像を見る


結婚が決まると、幸せの絶頂にように思えるでしょう。しかしながら、実際は入籍や引越し、挙式の日が近づくほどにどんどん不安になってしまう人も多いと言われています。
いわゆる「マリッジブルー」と呼ばれるその現象は、人によっては急に泣き出しそうになってしまったり、入籍の日を延期したいと思ったりするほど深刻なものです。とても幸せな時期のはずなのになぜか不安になってしまうマリッジブルーを乗り越えるためにはどうすれば良いのでしょうか。


具体的な不安を書き出して考える

マリッジブルーは「将来が今までよりも大きく動くため、どうなるか分からない」という不安から陥ると言われています。
そのため、具体的な不安を書き出して、それに対する対策を自分なりに考えることでマリッジブルーから脱出できると言われています。たとえば結婚にあたり現職を退職することを不安に思っている人は、早めに再就職のための活動を始めたり資格取得のための勉強を始めたりすることで不安を解消できるでしょう。
知らない土地に行くことを不安に思っている人は、新たな土地での職場やサークルなど参加できるコミュニティを探すことで、不安が消えるかもしれません。漠然と「結婚が憂鬱」と思っているだけでは自分で自分の気持ちが分からなくなるので、具体的に何が原因で憂鬱な気分になっているのか考えてみてください。


幸せな想像をしてみる

将来の想像がつかない状態だと、どうしてもネガティブに考えてしまいがちです。そんな想像を吹き飛ばすためには、思い切り幸せな想像をしてみましょう。
とはいえ、非現実的な想像をするのは難しいので、ある程度現実的な想像をするのがおすすめです。たとえば、そろそろ家を探そうと考えている人は、自分の理想の家の条件を書き出してみると良いでしょう。
また、挙式を予定している人は、先に結婚式場を探して候補を選出してみるのも良いかもしれません。二人で出かけたい場所や二人で作ってみたい料理、買ってみたい家具のカタログを見るなど、新婚生活ならではの想像をするとマリッジブルーも吹き飛ぶかもしれません。


自分を忙しくする

不安を書き出す行為でもそうですが、自分自身を忙しくして不安になる暇を持たないようにすることでもマリッジブルーを乗り越えることはできます。結婚前に仕事を辞めていると、時間が余ってどうしてもネガティブに考えてしまいがちです。
しかし、いざ荷造りや引越し、荷ほどきといった細かな作業が始まると、そうした気持ちも吹き飛びます。黙って部屋で考え込んでいるだけだと、どんどん思考がくらい方向に行ってしまうことは避けられません。自分で自分を忙しくすることでマリッジブルーから抜け出すのも良いのではないでしょうか。


楽しい新婚生活はもうすぐ!マリッジブルーに負けないで!

結婚となると、女性の多くは苗字も変わりますし、色々と不安になることが多いでしょう。あまりにも不安なことばかり考えてしまうと、結婚自体をやめてしまいたくなるかもしれません。
しかしながら、マリッジブルーに負けて結婚が台無しになってしまうのは非常にもったいないことです。せっかくの楽しい新婚生活ですので、マリッジブルーに負けずに明るい気持ちで満喫してくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 4/23 12:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます