どうして両思いになれないの?両想いになれる「片思いの法則」5つとは?

拡大画像を見る


どんな恋愛もなぜか両思いになれない。彼とは仲良くなれているはずなのに、結局選ばれるのは他の女ばかりで自分はただの相談役。そもそも彼と仲良くなれない。
などなど、片思い系女子は辛い思いをしがち。ではなぜ両思いになりにくいのでしょうか?今回はその理由をご紹介します。
理由を知ると自ずと対処法も分かって、両思いになれること間違いありません。


両思いになれないのは恋愛対象には入れてないから

まず端的に考えて見ると、両思いになれないのは彼の恋愛対象には入れないからでしょう。恋愛対象には入れない理由としては、いくつか考えられます。一番最初に思いつくのは「容姿や内面」だと思いますが、その前に「そもそも好きな人がいる」可能性もありますね。
相手が恋愛に興味がない時点で、恋愛対象に入るのは至難の業。そして好きになるタイプが似ていると、必然的に恋愛に興味がない人ばかり好きになってしまうでしょう。


彼を1番に考えて行動している

彼を1番に考えて行動しているため、彼に好きな人がいると完全に「守り/応援モード」に入ってしまうのが片思い女子です。彼に好きな人がいると相談された時点で、「ジャマになりたくない」思いが強くなってしまいます。
自分自身の思いを、そこそこ出していくのも重要でしょう。また相談役で止まってしまう人は、男性の相談に乗りすぎないのも大事。
なんでも相談に乗ってしまうよりも、男性が他の人にあなたとの関係を相談している位がちょうど良いです。


自分を好きじゃない人が好き

もしかしたらあなたは自分を好きじゃない男性が好きなのかもしれません。自分自身に自信がない故に、自分のことを好いてくれる人は基本的に信じられない。そもそも自分が誰かに好かれてることすら気づいていない場合もあるかも。
自分自身の好きな人を追う前に、周りを客観的に見てみましょう。別の視点が見つかるかも知れません。


両思いになれる人との決定的違い

両思いになれる人は、とにかく相手に自分の気持ちを伝えています。直接的ではなくても、もしかしたらこの子俺のこと好きなのかも?と期待させるくらいには、相手にアプローチをしているのが特徴です。
誰かからアプローチされると、途端にその誰かを好きになってしまうのが人間の性。もう少し自分の気持ちをオープンにしてみても良いのかもしれません。


両思いになろう

自分自身の気持ちを良く押し込めている方は、勇気を出して自分の気持ちを出してみましょう。意外と自分にとって都合の良いように、世界は動いてくれるかもしれませんよ。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 4/23 9:45
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます